池田大作本仏論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

池田大作本仏論(いけだだいさくほんぶつろん)とは、創価学会名誉会長の池田大作に対する特定の主張である。

以前は創価学会の幹部らを中心として創価学会の内部で、池田大作本仏論の教えは広まっていったが[1]現在、創価学会は池田大作を本仏とはしていないことには注意が必要である[2][3]

本仏論の定義や内容、発生時期については様々な主張がある。ここでは、かつて創価学会を信徒団体としていた日蓮正宗の教義とかかわりがある「日蓮本仏論」についても述べる。

日蓮本仏論[編集]

日蓮正宗の特徴的な教義に日蓮本仏論[4][5]血脈相承[6]があり、後者は二代目の日興を経て、日蓮正宗の総本山法主が代々日蓮の仏法を継承しているという論である[7]

宗教関係者による池田大作本仏論[編集]

「池田大作本仏論」は池田大作が自分の支持基盤を広げ創価学会や宗教界の乗っ取りを企てるため自作自演で行った論理と主張している。

その根拠は創価学会機関紙『大白蓮華』(月刊)に創価学会教学試験の模範解答がたびたび掲載されていることを挙げている[8]

掲載されていること教学模範解答では「仏と等しくならしむ、とは、学会員として、会長の身に三業(さんごう)に等しくならしむ、と拝すべきであろう」[9]「主徳―眷属を守る力。 現在でいえば、社会それ自体。しかし民衆の犠牲のうえで成り立っている主徳を失った社会もあり、その民衆は不幸です。 真に人々を根底から幸福にするには、妙法を根底とした社会以外にない。全日本を、そして、世界を守る池田先生のみ、現在において主徳をそなえていらっしゃる。 師徳―眷属を指導する力。 師とは、知識を教えるのみでなく、智慧を開かせてあげる者でなければならない。現代の教育は、知識に終始した師徳なき姿である。 以信代慧の妙法によらねば、真実の師徳はありえない。私達の師匠池田先生のみ師徳具備でいらっしゃる。 親徳―眷属を慈愛する力。 親の愛は、相対的であり、子の発展をさまたげる場合がある。 身命を惜まず、われわれ学会員のしあわせを願ってくださる池田先生こそ、親徳具備でいらっしゃる。」[10]など池田大作を絡めた模範回答が多々あることに創価学会の内部では池田大作を本仏とする論理が浸透しているという主張である。

また、教学の逸脱であると主張[11]日蓮正宗管長・法主の日達1974年4月25日法華講登山(静岡県富士宮市、日蓮正宗総本山大石寺)において、「最近ある所では、新しい本仏ができたようなことを宣伝しておるということを薄々聞きました。大変に間違ったことであります。もしそうならば正宗の信仰ではありません」と池田本仏論を批判した[12]

創価学会内における池田大作本仏論の教えは当時池田を支持していた学会青年部や原島宏治を通じて広まったとされる[13]

創価学会教学部長を務めた原島嵩は父の原島宏治から聞いた話として池田大作は会長就任後、学会内で会長本仏論を広めようとしたが、当時の会員の間では「会長=戸田城聖」のイメージが未だ根強く、会長だった池田自身が当時大阪事件の公判中だったこともあり会長本仏論を断念したと記している[14]

宗教関係者以外による池田大作本仏論と見解[編集]

松野純孝の見解[編集]

仏教学者の松野純孝は、池田に日蓮正宗の寺院よりも創価学会の会館を重視する発言、創価学会の会長の継承が仏法修行の血脈であるというような発言があったこと、創価学会で池田に対する「帰命」などが論じられたことを池田本仏論であると主張している[15]

仲尾敏博の見解[編集]

財団法人同和教育振興会理事の仲尾敏博は、池田本仏論を日蓮本仏論の当然の帰結であるとして、部落差別に仏教宗派が加担してきたと批判し、(日蓮本仏論を主張する)日蓮正宗が日蓮本仏論を撤回すべきであると主張する[16]。など様々な主張をしている。

北野弘久の見解[編集]

日本大学名誉教授の北野弘久は日蓮正宗の主張を「彼ら(日蓮正宗)が池田大作本仏論と主張しているのは昔、池田大作が主張した会長本仏論そのもの。それを池田大作本仏論に書き換えて主張しているだけにすぎない」と批判した[17]

自由民主党の見解[編集]

日本の政党の一つである自由民主党は創価学会が新進党の支持基盤であった1994年(平成6年)から1996年(平成8年)にかけて機関紙の『自由新報』に「創価学会ウオッチング」という学会批判記事を掲載(著者は俵孝太郎内藤国夫)。

当時、起きていた池田大作に対する訴権の濫用などと絡めすでに終息していた池田大作本仏論を持ち出し、池田大作が千葉の清澄寺(日蓮が幼少の頃修学した寺)を訪れた際、そこに生える千年杉に向かい、木肌を撫でながら、「久しぶりだね。700年ぶりだねぇ」と呟(つぶや)いてみせた件を批判した[18]

また自民党衆議院議員の白川勝彦によれば「実現しなかったが池田大作の証人喚問が実施された場合、国会で池田大作本仏論を当の池田本人に聞く予定があった」という[19]

矢野絢也の見解[編集]

公明党の書記長・委員長を務めた矢野絢也は、「池田大作本仏論が創価学会組織内で認められるようになったのは、創価学会が日蓮正宗に破門された1991年以後である」としている[20]

矢野は、政界を退いた後、政治評論家として執筆した文章の内容を創価学会や機関紙『聖教新聞』(日刊)紙上や『創価新報』(月2回刊行)で非難され、創価学会からさまざまな圧迫や迫害を受けたと主張、その経験から創価学会がもともとの健全な体質を変質させていると批判している[20]

矢野はその原因を、創価学会における池田大作の独裁、私物化などに帰し、学会内部での表現として、1975年前後に、一部の学会首脳によって「池田大作本仏論」なる考え方が囁かれるようになったと主張する。

また、矢野は、池田大作本仏論の説明として、「(学会内部で)当時会長だった池田大作は日蓮聖人の再誕で、本仏に等しい指導者という思想がある」としている[20]

しかし、創価学会が日蓮正宗を破門されるまでは、池田はあくまでも信者(学会)の中の最高指導者であり、そのような個人崇拝を真面目にとらえる組織ではなかったが、日蓮正宗から破門されたのち、宗門に置き換わるべき本尊が必要になり、(名誉会長の)池田こそが生き仏だという思想が学会内で市民権を得たと分析している。

矢野のいう本仏論は、池田大作が日蓮聖人に置き換わる本尊的な存在になるという意味であり、信者の最高指導者として重視されることではない。それ以前に創価学会内に、会長の本仏論というような教義が唱えられていたことはなかったとまとめている[20]

日本共産党の見解[編集]

日本共産党は創価学会が2002年に会則を変更し、初代牧口、第2代戸田、第3代池田の「三代会長」を、「永遠の指導者」とする規定を入れたことについて触れ「この規定変更はかねてより伝えられてきた池田本仏論の具現化だ」と批判した[21]

韓国での見解[編集]

韓国では「ソウルテレビ」がドキュメンタリー番組「池田大作とは何者か」を製作。過去に池田大作を本仏としてあがめていた幹部たちがいたことを放送、韓国SGIの機関紙和光新聞が抗議を行った[22]

創価学会による名誉会長本仏論の否定[編集]

池田大作自身は1980年4月2日付『聖教新聞』の紙上で「代々の会長を神格化などしてはなりません」「私などを絶対視してはならない」「私自身、罪業深き、過ち多き身であることをよく知っております」と創価学会会長はあくまで信仰する上での「指導者」であって、「仏ではない」ということを明言した[23]

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原島嵩『池田大作先生への手紙 私の自己批判をこめて』P117 晩聲社
  2. ^ 矢野絢也, pp. 159-161.
  3. ^ 創価学会会則、特に第3条
  4. ^ 『平凡社世界大百科事典』 平凡社1967年、187頁。
  5. ^ 新宗教辞典, pp. 217-219.
  6. ^ 新宗教辞典, pp. 218-219.
  7. ^ 新宗教辞典, p. 219.
  8. ^ 『慧妙』1977年12月1日号掲載 P8
  9. ^ 『大白蓮華』1963年1月号「教授試験模範解答掲載」 『慧妙』2004年7月1日号「創価学会の三宝破壊を破す①」にて確認
  10. ^ 『大白蓮華』1966年2月号 P80~81
  11. ^ 『慧妙』1968年2月15日号 P22
  12. ^ 『慧妙』1974年5月1日号 P4~P5
  13. ^ 原島嵩『池田大作先生への手紙 私の自己批判をこめて』P117 晩聲社
  14. ^ 『誰も書かなかった池田大作・創価学会の真実』日新報道、2002年7月 ISBN 4-8174-0522-8 159ページ
  15. ^ 新宗教辞典, p. 215.
  16. ^ 仲尾敏博 『宗教と部落差別 旃陀羅の考察』 柏書房1982年3月10日、266-267頁。NCID BN00649931
  17. ^ 『諸君!』1991年12月号25ページ
  18. ^ 、1996、「創価学会ウオッチング」、『自由新報』6月号、自由民主党 p. 12
  19. ^ 『自自公を批判する : 政教分離原論』(2000年、花伝社 [発売 : 共栄書房]) ISBN 9784763403520 P158
  20. ^ a b c d 矢野絢也, p. 159.
  21. ^ “池田氏は「永遠の指導者」 創価学会が「会則」を改定”. しんぶん赤旗. (2002年3月30日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-03-30/11_0403.html 2016年1月31日閲覧。 
  22. ^ 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2008年7月5日号)
  23. ^ “所感恩師の二十三回忌に思う”. 聖教新聞: p. 4面. (1980年4月2日)