池田三九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 三九郎(いけだ さんくろう、天正17年(1589年) - 慶長10年7月28日1605年9月11日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の武士。摂津国国人池田光重の長男。弟に重長

跡継ぎのなかった(子の自然(じねん)を織田信長の命で処刑されていた)伯父・池田知正の養子となり、慶長9年(1604年)、伯父が没すると家督を継ぐが、翌年に死去した。享年17。

世子がいなかったため、急遽、父の光重が跡を継いだ。後に光重は三九郎を弔うために大広寺に梵鐘を寄進、五輪塔を築いた。

外部リンク[編集]

先代:
池田知正
摂津池田氏当主
池田三九郎
次代:
池田光重