池田はるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池田 はるみ(いけだ はるみ、1948年3月5日[1] - )は、歌人和歌山県生まれ、大阪府育ち。NHK学園短歌講座専任講師、現代歌人協会会員、「未来」選者・編集委員。

京都女子大学短期大学部国語専攻卒業。1985年、作品「白日光」で短歌研究新人賞を受賞。1987年未来短歌会に入会し、岡井隆に師事。1991年に歌集『奇譚集』を刊行。1997年、歌集『妣が国(ははがくに) 大阪』を刊行。翌1998年、同歌集でながらみ現代短歌賞現代歌人集会賞を受賞。2001年、歌集『ガーゼ』を刊行。翌2002年、同歌集で河野愛子賞を受賞。2002年・翌2003年NHK全国短歌大会ジュニアの部選者。大の好角家であり、相撲をテーマにしたエッセイも執筆している。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『短歌研究 2014年12月号(2015短歌年鑑)』(短歌研究社、2014年)巻末「歌壇名簿」より

外部リンク[編集]