池仁珍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池 仁珍
基本情報
本名 池 仁珍
階級 フェザー級
国籍 韓国の旗 韓国
誕生日 (1973-07-18) 1973年7月18日(44歳)
出身地 大韓民国ソウル特別市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 31
KO勝ち 18
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示
チ・インジン
各種表記
ハングル 지인진
漢字 池仁珍
発音: チインジン
ローマ字 Chi In-Jin
テンプレートを表示

池 仁珍(チ・インジン、朝鮮語: 지인진英語: Chi In-Jin1973年7月18日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身の元男子プロボクサー、現男子キックボクサー。身長172cm、体重70kg。

ボクシング時代は全韓国バンタム級王座、東洋太平洋ボクシング連盟 (OPBF)東洋太平洋バンタム級王座の獲得後、世界ボクシング評議会 (WBC)世界フェザー級王座を2度獲得した(1回目防衛2、2回目負傷により防衛0剥奪)。

来歴[編集]

ボクシング時代[編集]

1973年にソウルで生まれ、1991年に18歳でプロデビューする。デビュー戦は敗戦となってしまうが、その後は勝利を重ね1994年3月26日には全韓国バンタム級タイトルを獲得する。

1995年4月23日には空位のOPBFバンタム級タイトルも獲得。その後、階級をフェザー級に上げて、2001年7月28日に初の世界タイトル戦としてエリック・モラレスに挑戦。モラレス圧勝予想の中善戦するも、12回判定で敗れてタイトル奪取ならず。

2回目の世界挑戦は2003年10月18日イギリスに渡り、空位のWBCフェザー級タイトルを地元のホープマイケル・ブロディと争った。フルラウンドにわたる壮絶な打ち合いとなり、判定に持ち込まれる。試合終了直後のリング上では「勝ち」と発表され、チャンピオンベルトを腰に巻いたものの、退場後に採点の集計ミスが発覚し「引き分け」に訂正。王座獲得を果たすことができなかった。

2004年4月10日、ブロディと再戦し、7回KO勝ち。待望の世界王座奪取に成功。2度防衛後の2006年1月29日福岡越本隆志に12回判定負けを喫し、王座陥落。

同年12月17日、母国で世界再挑戦。7月に越本を破って世界王者に輝いたルディ・ロペスに挑み、12回判定勝ち。世界王座の再獲得に成功した。

しかし2度目の世界フェザー級王座獲得後、拳の怪我のため2007年7月時点で防衛戦を行うことが出来なかったことを理由として、WBCからフェザー級世界王座を剥奪された。

キックボクシング時代[編集]

2008年2月24日、K-1 ASIA MAX 2008 IN SEOULでK-1初参戦。スーパーファイトで梶原龍児と対戦し、判定勝ち。キックボクシング初戦を勝利した。

2009年3月20日、K-1 MAX KOREA 2009 IN SEOULで我龍真吾と対戦し、判定負けを喫した。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
2 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
1 0 1 0 0 0
1 0 1 0


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 我龍真吾 3R終了 判定0-3 K-1 MAX KOREA 2009 IN SEOUL
【スーパーファイト】
2009年3月20日
梶原龍児 3R終了 判定3-0 K-1 ASIA MAX 2008 IN SEOUL
【スーパーファイト】
2008年2月24日


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

WBC世界フェザー級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:エリック・モラレス
2004年4月10日 - 2006年1月29日(防衛2) 越本隆志
WBC世界フェザー級王者
在位期間
ルディ・ロペス 2006年12月17日 - 2007年7月27日(剥奪) 空位
(次タイトル獲得者:ホルヘ・リナレス