池井昌樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池井 昌樹(いけい まさき、1953年〈昭和28年〉2月1日 - )は日本の詩人

略歴[編集]

1953年、香川県坂出市生まれ。歴程同人。二松學舍大学文学部卒。12歳の時に生涯詩を書くことを決意、十四行詩で詩作を開始する。中学3年生の時、山本太郎の選で全国学芸コンクール詩部門特選となる。 1977年第一詩集「理科系の路地まで」を発表。以後、「鮫肌鉄道」(1978)、「ぼたいのいる家」(1986)、「水源行」(1993)などを上梓。1997年に発表した「晴夜」で歴程賞と芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。かな文字を多用し、七五調のリズムで読ませる叙情性豊かな作風が特徴。法政大学で臨時講師もしていた。選詩集に「池井昌樹詩集」(現代詩文庫)、その他に植田正治写真とコラボレーションした写真詩集「手から、手へ」などがある。

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  • 人物リファレンス事典(日外アソシエーツ)