江馬細香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江馬 細香(えま さいこう、天明7年4月4日1787年5月20日) - 文久元年9月4日1861年10月7日))は、江戸時代の女性漢詩人、画家。

美濃大垣藩の医師江馬蘭斎の長女として生まれる。本名は多保。少女の頃から漢詩・南画に才能を示し、絵を玉潾浦上春琴に、漢詩を頼山陽に師事する。湘夢・箕山と号すが、字の細香で知られ、同郷の梁川紅蘭と併称された。頼山陽の愛人であったことでも知られる。

著作(現代の刊行書籍)[編集]

  • 詩集日本漢詩 第15巻 湘夢遺稿 (富士川英郎編 汲古書院 1989年12月)
  • 江馬細香詩集『湘夢遺稿』 (門玲子訳注 汲古書院 1992年12月)
  • 山陽先生批点湘夢詩草 (汲古書院 1997年7月)

参考文献[編集]

  • 江馬細香来簡集 (江馬文書研究会編 思文閣出版 1988年6月)
  • 江戸漢詩選 第3巻 女流 江馬細香・原采蘋・梁川紅蘭 (福島理子注 岩波書店 1995年9月)
  • 文人逸脱の書 池大雅・江馬細香・三輪田米山 (鄭麗芸 あるむ 2008年5月)

伝記[編集]

  • 江馬細香 化政期の女流詩人 (門玲子 藤原書店 2010年8月)
    • 江馬細香 化政期の女流詩人 (旧版、卯辰山文庫 1979年11月)

フィクション[編集]

  • 細香日記 (小説、南条範夫 講談社、1981年 のち文庫)