江馬修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江馬 修(えま しゅう、または えま なかし、1889年12月12日 - 1975年1月23日)は、日本の作家。本名の読みは「なかし」で、筆名は「しゅう」とすることが多かったが、一定しない。

来歴[編集]

岐阜県高山市生まれ。画家を志して出奔し、横山大観の家に同居していたこともあるが、5日で帰郷。1906年[1]斐太中学校中退。田山花袋の書生や小学校の代用教員、区役所の臨時雇いなどを経て、1911年、『早稲田文学』発表の「酒」でデビュー[2]夏目漱石門下の阿部次郎らと交遊。このころ小宮豊隆の紹介で夏目漱石にも会っているが、デビュー作「酒」の題名に引っ掛けて「酒の作者か、酒だるの作者か知らないが、もっとこっち来給えよ」と茶化され、気分を害して漱石から距離を置いた[3]

1911年頃、森田草平生田長江から石川啄木の病が重いことを聞き、知り合いの医師に頼んで啄木とその一家のもとに往診させる[4]。啄木の没後、1920年には盛岡で啄木歌碑の建立を提案し、そのために募金講演会を開き、1922年に歌碑除幕を実現させた[5]

その間、1916年、長編『受難者』がベストセラーとなって名を挙げる[6]。当時、江馬は人気作家の一人で、偽者が現れて女を騙したり金銭を詐取したりする事件が続発した[7]島田清次郎は、江馬の『受難者』『暗礁』に霊感を受けて『地上』第一部を書いた[8]

1926年以後ヨーロッパに渡り、帰国後、『戦旗』に属するプロレタリア作家として活動する。1929年、特高に逮捕され約40日間留置の後、起訴猶予処分となる[9]。1934年に飛騨高山へ戻り、郷土研究雑誌『ひだびと』を創刊し、赤木 清の筆名で考古学論文を執筆。この期間に蓄えた郷土史の知識に基づき、戦中から戦後にかけて長編『山の民』を執筆[10]

1946年、日本共産党に入り飛騨地区委員長となる[11]。1966年、日本共産党を離党[12]中華人民共和国で最も有名な日本の作家だった。

1914年、25歳で初婚[13]。1917年、ピアニスト久野久と恋仲になる[14]。1927年、作家・民俗学者の江馬三枝子(本名、富田ミサホ)と再婚[15]。1950年[16]、当時28歳の豊田正子と知り合い夫婦同然に暮らすが、三枝子は離婚に承諾しなかった。ぬやま・ひろしとの交遊から文化大革命中の中国に渡り、豊田にこれを礼讃する著作を書かせるが、その後、1972年[17]、豊田を捨てて53歳下の天児直美と暮らした。1975年1月23日、老衰と脳軟化症のため東京都立川市の自宅で死去。戒名は焔燿院修智精進居士[18]

江馬の作品は黒島伝治大岡昇平羽仁五郎などから非常に高く評価されたが、文壇からはほぼ黙殺された[19]吉目木晴彦は16歳で江馬の『山の民』を読んで作家を志し、江馬の自伝『一作家の歩み』を修業時代のバイブルとしていた[20]

著書[編集]

  • 『蛇つかひ』春陽堂、1914
  • 『受難者』新潮社、1916
  • 『寂しき道』新潮社、1917
  • 『暗礁』新潮社、1917
  • 『人及び芸術家としての国木田独歩』新潮社、1917
  • 『愛と憎み』新潮社、1918
  • 『不滅の像』第1-3 新潮社、1919 - 20
  • 『樫の葉』新潮社、1920
  • 『運命の影』新潮社、1921
  • 『三つの木』新潮社、1921
  • 『訪るる女』新潮社、1922
  • 『心の窓 感想と小品』新潮社、1922
  • 『極光』新潮社、1924
  • 『羊の怒る時』聚芳閣、1925
  • 『追放』新潮社、1926
  • 『夏樹』新潮社、1926
  • 阿片戦争戦旗社(日本プロレタリア作家叢書)1930
  • 『山の民』第1-3部 飛騨考古土俗学会、1938 - 40
  • 『郷土演劇運動の理論と実際』白林書房、1944
  • 『本郷村善九郎』冬芽書房、1950
  • 『氷の河』第1-2部 理論社、1955
  • 『一作家の歩み』理論社、1957
  • 『定稿山の民』第1-4部 理論社、1958
  • 『延安賛歌』新日本出版社、1964
  • 江馬修作品集』全4巻 北溟社、1973

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.3
  2. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.4
  3. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)p.100-101
  4. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)p.105-108
  5. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.5
  6. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)p.136
  7. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)p.109
  8. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)p.150
  9. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.6
  10. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.7-8
  11. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.8
  12. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.9
  13. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.4
  14. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)p.148, 巻末年譜p.5
  15. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.6
  16. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.8
  17. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)巻末年譜p.9
  18. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)55頁
  19. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)解説p.25
  20. ^ 江馬修『一作家の歩み』(1989年)解説p.29