江頭進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江頭進
生誕 (1966-04-21) 1966年4月21日(53歳)
研究機関 (機関)小樽商科大学
研究分野 経済学史進化経済学
母校 滋賀大学学士
京都大学修士博士
影響を
受けた人物
伊東光晴八木紀一郎
実績 オーストリア学派の経済理論、経済現象のコンピューター・シミュレーションによる表現
テンプレートを表示

江頭 進(えがしら すすむ、1966年4月21日 -)は、日本経済学者小樽商科大学教授。京都大学博士(経済学)

来歴[編集]

1966年愛媛県松山市に生まれる。愛媛県立松山東高等学校を経て、1991年滋賀大学経済学部卒業。1993年京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。1996年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)取得。翌1997年に小樽商科大学商学部経済学科助教授着任。2007年教授昇格。この間、日本学術振興会海外特別研究員、ケンブリッジ大学ヒューズ・ホール客員研究員、ケンブリッジ大学政治経済学部客員研究員等を務める。専門は経済学史進化経済学地域経済学

年譜[編集]

  • 1966年 - 愛媛県松山市にて出生
  • 1985年 - 愛媛県立松山東高等学校卒業
  • 1991年 - 滋賀大学経済学部卒業
  • 1993年 - 京都大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 1996年 - 京都大学大学院経済学研究科博士課程修了
  • 1997年 - 小樽商科大学商学部経済学科助教授
  • 1999年 - 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2000年 - ケンブリッジ大学ヒューズ・ホール客員研究員
  • 2001年 - ケンブリッジ大学政治経済学部客員研究員
  • 2007年 - 小樽商科大学商学部経済学科教授
  • 2016年 - 小樽商科大学理事(総務・財務担当副学長)、同大学附属図書館長、同大学グローカル戦略推進センター研究支援部門長

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『20世紀のエコノミスト』(根井雅弘編集 日本評論社,1994)
  • 『21世紀のエコノミスト―世界経済の混沌を読み解くキーパーソンたち』(朝日新聞社,2001)
  • 『進化経済学のフロンティア』(西部忠編集 日本評論社,2004)
  • 『20世紀の経済学の諸潮流』(橋本努責任編集 日本経済評論社,2006)
  • 『市場社会とは何か―ヴィジョンとデザイン』(平井俊顕編集 上智大学出版,2007)
  • 『地球秩序のシミュレーション分析』(吉田和男井堀利宏瀬島誠編集 日本評論社,2009)
  • 『イギリス経済学における方法論の展開』(只腰親和佐々木憲介編集 昭和堂,2010)

共編著[編集]

  • 『進化経済学 基礎』(日本経済評論社,2010)
  • 『グローバリズムと地域経済』(穴沢眞江頭進編, 日本評論社, 2012)。
  • Globalism and Regional Economy (Susumu Egashira (edited by) , Routledge, 2013).
  • 『グローバリズムと北海道経済』(穴澤眞・江頭進編著,ナカニシヤ出版, 2014).
  • Emerging Risks in a World of Heterogeneity: Interactions Among Countries with Different Sizes, Polities and Societies (Masayuki Tadokoro, Susumu Egashira, Kazuya Yamamoto (editors) , Springer, 2018).

訳書[編集]

  • J.A.シュンペーター『資本主義は生き残るか』(八木紀一郎監訳 名古屋大学出版会,2001)
  • G.ホジソン『進化と経済学』(西部忠監訳 東洋経済新報社,2003)
  • T.ローソン『経済学と実在』(八木紀一郎監訳 日本評論社,2004)
  • F.A.ハイエク『資本の純粋理論』[I](春秋社, 2011)
  • F.A.ハイエク『資本の純粋理論』[II](春秋社, 2012)

所属学会[編集]

  • 日本経済学史学会
  • 日本進化経済学会 - 常任理事
  • International Association of J. A. Schumpeter
  • European Society for Economic Thought

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]