江石清行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江石 清行(えいし きよゆき、1956年11月 - )は長崎大学医学部心臓血管外科教授医学博士日本胸部外科学会指導医、日本外科学会指導医。

長崎市長射殺事件の際に、大学病院に搬送された長崎市長伊藤一長(当時)の緊急手術を担当した。

弁形成術、顕微鏡下冠動脈バイパス術、心拍動下冠動脈バイパス術、低侵襲人工心肺システム、人工弁置換術の専門家。弁形成術の日本における第一人者の一人。

略歴[編集]

以後、UCLA留学、ピッツバーグ大学留学、国立循環器病センター医長、岩手医科大学循環器医療センター心臓血管外科助教授を歴任。
  • 1999年(平成11年) 長崎大学医学部心臓血管外科教授就任。

外部リンク[編集]