江田鎌治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江田 鎌治郎(えだ かまじろう 1873年 - 1957年)は、日本技術者実業家。速醸もとの発明者として知られる。

略歴[編集]

1873年(明治6年)、新潟県糸魚川に生まれる。新潟師範学校、東京高等工業学校応用化学科(現・東京工業大学)卒業。東京税務監督局、大蔵省醸造試験所、大阪工業大学講師などを歴任。大蔵省を退官後、1934年(昭和9年)に江田醸造研究所(後の江田醸造株式会社)を設立[1]。1916年、勲六等瑞宝章。1955年、紫綬褒章

著書である『杜氏醸造要訣』は、現代でも酒造技術書の名著として知られている。

エピソード[編集]

  • 速醸もとの特許に関しては、公益性を考慮して取得しなかった。
  • 江田の業績に因むものとして、日本生物工学会による生物工学奨励賞(江田賞)が創設されている[2]

著書[編集]

  • 『杜氏醸造要訣』
  • 『乳酸馴養 最新清酒連醸法』

脚注[編集]

  1. ^ 神戸新聞 (1934年6月30日). “芳醇実に無比 合成酒の誕生 灘の酒屋さんも試飲に陶然 元勅任技師研究に凱歌”. 神戸大学附属図書館. 2015年5月23日閲覧。
  2. ^ 生物工学奨励賞(江田賞)”. 日本生物工学会 (2015年4月16日). 2015年5月23日閲覧。

出典[編集]

  • 『吟醸酒を創った男』(池田明子)

関連項目[編集]