江沢康生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江沢 康生(えざわ やすお、1943年 - )は、日本物理学者である。愛媛大学教授。専門は素粒子論、宇宙物理学。

来歴・人物[編集]

1966年埼玉大学文理学部理学科卒業。

1968年広島大学大学院理学研究科博士前期課程修了。

1969年、広島大学大学院理学研究科博士後期課程中退。

1976年 理学博士(広島大学)「Anomalies in VN scattering, charmed hadron production and quark-parton model(VN散乱における異常現象、チャームを持つハドロンの生成およびQuark-Parton模型)」 。

現在、愛媛大学理学部物理学科教授。

翻訳[編集]

  • 『古典力学 (上)』、H・ゴールドスタイン、C・ポール、J・サーフコ(共著)、矢野忠、江沢康生、淵崎昌弘(共訳)、吉岡書店、2006年
  • 『古典力学 (下)』、H・ゴールドスタイン、C・ポール、J・サーフコ(共著)、矢野忠、江沢康生、淵崎昌弘(共訳)、吉岡書店、2009年

論文[編集]

  • 「吸収のreal phase shiftへの効果再論Ⅱ」(共著)(工学ジャーナル 5, 29-43, 2006)
  • 「吸収のreal phase shiftへの効果再論」(共著)(工学ジャーナル 4, 47-56, 2004)
  • Semiclassical approach to stability of the extra-dimensional spaces in higher-carvature gravity theories (Classical and Quantum Gravity, 16/6, 1873, 1999)
  • A canonical formalism for a higher-carvature gravity (Classical and Quantum Gravity, 16/4, 1127, 1999)
  • Semiclassical approach to stability of extra-dimensional spaces (共著) (Classical and Quantum Gravity, 14/2, 257, 1997)
  • A possible way of stabilizing a higher-dimensional universe (Il Nuovo Cimento, 111B/3, 355, 1996)
  • Finite probability of inflation in a higher-dimensional cosmological model (Progress of Theoretical Physics, 86/, 1, 1991)
  • On the probability of inflation in a higher-dimensional cosmological model (Classical and Quantum Gravity, 6/, 9, 1989)
  • Effects of (I)=3/2 higher reasonances in weak one-pion production (Progress of Theoretical Physics, 69/, 4, 1983)
  • Same sign dimuon production and charmed quark pair cc bar creation effects in inclusive vv bar-N scattering (Progress of Theoretical Physics, 57/, 3, 1977)
  • Anomalies in v(V) N scattering, charmed hadron production and quark-parton model (Progress of Theoretical Physics, 55/, 6, 1976)
  • A form of the neutral current (Progress of Theoretical Physics, 53/, 5, 1975)
  • Neutral current in quark-parton model (Lettere Al Nuovo Cimento, 9/, 12, 1974)
  • 「ニュートリノ反応の実験データとsingle π production」(共著)(素粒子論研究 46(3), C52-C56, 1972)
  • 「宇宙線ニュートリノの実験について -3本の飛跡をもつ現象」(共著)(素粒子論研究 45(1), 54-67, 1972)
  • 「Neutrino event における異常現象」(共著)(年会予稿集 26(1), 2, 1971)