江森英世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江森 英世(えもり ひでよ、1959年9月 - )は、日本の数学教育学者である。群馬大学教育学部教授。専門は数学教育学科学教育学。現在、群馬大学教育学部附属小学校の校長を務める。

平成18年度『第1回群馬大学ベストティーチャー最優秀賞』を受賞したことでも有名。学生を教員として世に輩出している。

来歴・人物[編集]

実践力の高い授業は学生にも人気で、評判も高い。 世界人名辞典「Who'sWho in the World 27th Edition・2010」にも掲載されている。

専門分野[編集]

数学教育学(数学的コミュニケーション論)

担当講義[編集]

小学校、中学校の算数数学科の指導法など

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 『数学学習におけるコミュニケーション連鎖の研究』(風間書房 2006年)

論文[編集]

  • 『数学の学習場面におけるコミュニケーション・プロセスの分析』 (数学教育学論究 日本数学教育学会) (学術雑誌 1993年)
  • 『高度に凝縮された数学的メッセージの分析』 (科学教育研究 日本科学教育学会) (学術雑誌 1996年)
  • 『数学的コミュニケーション参画者の認知過程』(数学教育学論究 日本数学教育学会) (学術雑誌 2000年)

他多数

所属学会[編集]

  • 日本数学教育学会
  • 日本科学教育学会
  • 全国数学教育学会
  • 日本数学心理学会