江東郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江東郡
各種表記
ハングル 강동군
漢字 江東郡
発音 カンドン=グン
ローマ字転写 Kangdong-gun
テンプレートを表示

江東郡(カンドンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国平壌近郊にある郡。

地理[編集]

平壌直轄市域の東部郊外に位置し、平安南道黄海北道と接する。郡名は大同江の東にあることによる。

行政区域[編集]

1邑・9労働者区・15里を管轄する。

  • 江東邑(カンドンウプ)
  • 高飛労働者区(コビロドンジャグ)
  • 南江労働者区(ナムガンロドンジャグ)
  • 垈里労働者区(テリロドンジャグ)
  • 嶺南労働者区(リョンナムロドンジャグ)
  • 上里労働者区(サンリロドンジャグ)
  • 束芻労働者区(ソクチュロドンジャグ)
  • 松街労働者区(ソンガロドンジャグ)
  • 下里労働者区(ハリロドンジャグ)
  • 黒嶺労働者区(フンリョンロドンジャグ)
  • 九賓里(クビンリ)
  • 東里(トンリ)
  • 卵山里(ランサンリ)
  • 龍興里(リョンフンリ)
  • 麦田里(メクチョンリ)
  • 明義里(ミョンイリ)
  • 文化里(ムヌァリ)
  • 文興里(ムヌンリ)
  • 烽火里(ポンファリ)
  • 三登里(サムドゥンリ)
  • 松石里(ソンソンリ)
  • 順昌里(スンチャンリ)
  • 太岑里(テジャムリ)
  • 香木里(ヒャンモンリ)
  • 花岡里(ファガンリ)

歴史[編集]

高麗時代の1136年、江東県が設置された。朝鮮王朝時代には平安道に属した。

1895年に江東郡となり、1896年に平安南道に属した。1914年の行政区画廃合により三登郡を併合した。1941年10月1日に晩達面が勝湖邑に昇格した。1945年8月の時点で、江東郡は1邑5面(勝湖邑・江東面・三登面・元灘面・高泉面・鳳津面)から構成されていた。

1952年12の北朝鮮の地方行政区画再編により、勝湖邑一帯を勝湖郡として分離(現・勝湖区域)、成川郡の一部を編入して江東郡が再構成された。

1983年3月に、平安南道から平壌市に編入された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、平安南道三登郡および成川郡の一部(文憲面)を江東郡に編入。江東郡に以下の面が成立。(9面)
    • 江東面・晶湖面・三登面・晩達面・古邑面・区池面・馬山面・高泉面・元灘面
  • 1929年4月1日 - 行政区画の改編を実施(6面)。
    • 馬山面・区池面および高泉面・古邑面の各一部をもって鳳津面を設置。
    • 古邑面の残部が元灘面・高泉面に分割編入。
    • 晶湖面が江東面・三登面に分割編入。
    • 三登面の一部が晩達面に編入。
    • 元灘面の一部が高泉面に編入。
  • 1941年10月1日 - 晩達面が勝湖邑に昇格。(1邑5面)
  • 1947年 - 行政区画の改編を実施(9面)。
    • 勝湖邑が勝湖面に降格。
    • 中和郡楓洞面・青龍面、大同郡柴足面を編入。
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、平安南道江東郡江東面・鳳津面・高泉面および三登面・元灘面の各一部、成川郡三興面をもって、江東郡を設置。江東郡に以下の邑・労働者区・里が成立。(1邑1労働者区23里)
    • 江東邑・松街里・黒嶺労働者区・文興里・香木里・東里・麦田里・龍興里・明義里・垈里・文明里・松石里・香壇里・卵山里・九賓里・花岡里・太岑里・紫陽里・郷校里・下里・下端里・漢王里・道徳里・広徳里・三成里
  • 1954年 - 漢王里の一部が広徳里に編入。(1邑1労働者区23里)
  • 1956年 - 檜倉郡順昌里を編入。(1邑1労働者区24里)
  • 1958年 - 勝湖郡金玉里の一部が松街里に編入。(1邑1労働者区24里)
  • 1959年9月 (1邑1労働者区25里)
    • 広徳里・三成里・道徳里が新設の平壌直轄市三石区域に編入。
    • 勝湖郡高飛里・貨泉里・金玉里・三青里を編入。
  • 1960年10月 - 金玉里・貨泉里・三青里が平壌直轄市勝湖区域に編入。(1邑1労働者区22里)
  • 1963年 - 下里が下里労働者区に昇格。(1邑2労働者区21里)
  • 1967年 (1邑5労働者区16里)
    • 下端里・漢王里が平城区に編入。
    • 郷校里が烽火里に改称。
    • 高飛里が高飛労働者区に昇格。
    • 松街里が松街労働者区に昇格。
    • 垈里が垈里労働者区に昇格。
  • 1977年 (1邑5労働者区16里)
    • 文明里が三登里に改称。
    • 紫陽里が文化里に改称。
  • 1983年3月 - 平壌直轄市の市域拡大に伴い、平壌直轄市江東郡となる。(1邑6労働者区15里)
  • 1989年 - 香壇里が南江労働者区に昇格。(1邑6労働者区15里)
  • 1995年 - 労働者区の増設を実施(1邑9労働者区15里)。
    • 下里労働者区の一部を上里労働者区として分離。
    • 黒嶺労働者区の一部を束芻労働者区として分離。
    • 松街労働者区の一部を嶺南労働者区として分離。
  • 1995年11月 - 平安南道成川郡百源労働者区の一部が上里労働者区に編入。(1邑9労働者区15里)
  • 1999年12月 - 平安南道平城市敬信里の一部が東里・香木里に分割編入。(1邑9労働者区15里)

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 평양시 강동군 역사