江東区亀戸漫画家女性殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江東区亀戸漫画家女性殺人事件(こうとうくかめいどまんがかじょせいさつじんじけん)とは、2000年9月29日東京都江東区亀戸6丁目で発覚した殺人事件である。警視庁による正式な呼称は亀戸六丁目マンション内女性殺人事件

犯人検挙されていない未解決事件である。

事件の概要[ソースを編集]

2000年9月29日午後1時ごろ、国勢調査の調査員が東京都江東区亀戸6丁目にある、当時28歳の女性宅(マンション)を訪問したところ、鍵が開いていたが応答がなく、しかも異臭がすることから不審に思い管理人に通報したことにより事件が発覚[1]。女性はベッドの中で首を絞められて殺害されていた。Tシャツだけの姿で、顔に白い布がかかっていた。死亡推定日時は19日頃。

被害者の女性は同人誌で有名なアマチュア漫画家で、10年間一人暮らしであったが、マンションにはアシスタントや業者の出入があった。人気同人作家が大きな収入を得る事もあるという事が当時の世間には理解されず、同人活動の傍ら高級風俗店に勤務して生計を立てていたとも報じられたが、お金には困っていなかった。事件時、部屋には現金300万円があったが、手をつけられていなかったことから、物盗りではなく怨恨人間関係トラブルによる犯行とみられている。 現在に至るまで犯人の検挙には至っていない。

2004年にはテレビ朝日系「奇跡の扉 TVのチカラ」で超能力者透視を行い、そこで作成された似顔絵を元に情報を呼びかけたところ似顔絵そっくりで透視と符合する人物がいると情報を寄せられて事件直後に失踪した男性が居たことがわかったが、所在は掴めていない。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 警視庁. “亀戸六丁目マンション内女性殺人事件”. 2014年5月21日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]