江村治樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江村 治樹(えむら はるき、1947年6月14日 - )は、日本の中国史学者、名古屋大学名誉教授。

略歴[編集]

京都府舞鶴市生まれ。京都府立西舞鶴高等学校卒、1971年神戸大学文学部史学科(東洋史学専攻)卒業。1975年名古屋大学大学院文学研究科博士課程史学地理学科(東洋史学専攻)中退後、京都大学人文科学研究所助手(東洋考古学)。1981年名古屋大学文学部助教授(東洋史学)を経て、1995年同教授となり、同文学研究科教授。2012年定年退任、名誉教授[1]龍谷大学教授を務めた。1998年「春秋戦国秦漢時代出土文字資料の研究」で名大博士(歴史学)。

著書[編集]

  • 『春秋戰國秦漢時代出土文字資料の研究』汲古書院 2000
  • 『戦国秦漢時代の都市と国家 考古学と文献史学からのアプローチ』白帝社 アジア史選書 2005
  • 『春秋戦国時代青銅貨幣の生成と展開』汲古書院 2011

共著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]