江村専斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江村 専斎(えむら せんさい、永禄8年(1565年) - 寛文4年9月26日1664年11月13日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての京都の医師儒学者。名は宗具、字は専斎、倚松庵と号した。

生涯[編集]

永禄8年(1565年)、誕生。永禄年間に播磨三石城主・江村民部大輔孝与織田信長に圧せられて出奔し京都に隠棲し、専斎はその孫にあたる。父の栄基は聞香をよくし、そのため豊臣秀吉にしばしば招かれたという[1]

秦宗巴に従って医術を学び、濂洛の学を修め、儒医として肥後熊本藩主・加藤清正に仕えた。清正の死後は京都に帰り、寛永年間に美作津山藩主・森忠政に招かれ、賓師の礼をもって遇された。

専斎は90歳を超えても眼や耳が衰えることなく、強壮であった。後水尾天皇に養生法を尋ねられて「養生の秘訣は別儀なし、飲食些く思慮も些し、ただ些の一字を体得するにあり」と答えた[2]。寛文4年(1664年)、100歳になり、勅命により院参(上皇・法皇の御所に参上すること)を許され、鳩杖、黄金、扇紙などを賜わった。専斎はこれに感泣し、その家を賜杖堂と称した。また、専斎は和歌をよくして、細川幽斎木下勝俊と交わった。

同年9月26日に死去。子は3子おり、好庵、剛斎、愚庵はいずれも文学をよくした。

なお、専斎の友人である伊藤坦庵が、専斎の日常談話を記録した『老人雑話』がある。

脚注[編集]

  1. ^ 松崎慊堂『慊堂日暦3』平凡社、1973年、P.146。
  2. ^ 松崎慊堂『慊堂日暦3』平凡社、1973年、P.146。