江戸橋 (津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江戸橋(えどばし)は三重県津市志登茂川に架かる津市道江戸橋上浜町線ので、付近の地名でもある。

橋としての江戸橋[編集]

江戸橋(2009年8月)

最初の橋の架橋年代は不明であるが、江戸時代には架橋されており、津藩主・藤堂氏参勤交代時に橋の傍まで見送りに来たことが橋の名の由来とされる。[1]

現在の橋は1957年(昭和32年)に架け替えられた。橋脚はコンクリート製、上路部アスファルト舗装、欄干は木製である。[1]

この橋は三重大学の最寄り駅である近鉄名古屋線江戸橋駅付近にあるため、同学に通学する学生に多く利用されている。[1]

橋の修繕工事が実施されることになり、2010年9月24日より通行止めになっていたが12月10日に開通した。ただし工事後も重量制限は残っている。

  • 所在地:津市上浜町3丁目(右岸)、津市江戸橋1丁目(左岸)

江戸橋常夜灯[編集]

江戸橋常夜灯

江戸橋常夜灯(えどばしじょうやとう)は橋の西岸(右岸)にある常夜灯。津市内に現存する最古のもので、津市指定史跡となっている(1975年4月26日指定)。高さ約5.4m・最下壇の幅2.8mで、安永六年(1777年)の銘が刻まれている。

周辺[編集]

右岸(津市上浜町)
左岸(津市江戸橋)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 伊勢文化舎、2009、78ページ