江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
Horror of a Deformed Man
監督 石井輝男
脚本 石井輝男
掛札昌裕
出演者 吉田輝雄
土方巽
音楽 鏑木創
撮影 赤塚滋
編集 神田忠男
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1969年10月19日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(えどがわらんぽぜんしゅう きょうふきけいにんげん)は、1969年公開の日本映画R-18(旧成人映画)指定[1]吉田輝雄主演、石井輝男監督。東映京都撮影所製作、東映配給。併映『(秘)劇画 浮世絵千一夜』(長編アニメーション映画)。カラー99分。

概要[編集]

石井輝男監督による一連の“異常性愛路線”の最終作で[2][3]、怪奇色の強いミステリー映画[注 1]。企画は石井輝男[5][6]映画タイトルの"江戸川乱歩全集"は、当時講談社から出版された『江戸川乱歩全集』からの流用[2][7]、"恐怖奇形人間"は、当時の東映企画製作本部長・岡田茂(のち、同社社長)による命名[2]
クレジットには江戸川乱歩原作の「パノラマ島奇談より」と明記されているが、この原作からは、一部の人名の他は、主人公の成りすましとラストシーンの2箇所程度しか使用されておらず、島のコンセプトや物語の大部分は乱歩の別長編『孤島の鬼』に依っている[6]。タイトルは"江戸川乱歩全集"であるが、全ての乱歩作品が登場するわけではなく、『孤島の鬼』をベースに[2]、『屋根裏の散歩者』『人間椅子』など、乱歩の諸作品をミックスし、乱歩世界のエッセンスを映像化した形となっている[1][3]

公開時は話題にならなかったが[8]、東京の名画座大井武蔵野館」での「定番作品」として繰り返し上映されるなどで[2]、日本に於けるカルト映画の先駆けとなり、石井輝男の再評価及び復活の起爆剤となった[3][9]

あらすじ[編集]

過去の記憶がない主人公の人見広介。医学生だった彼は精神病院に閉じ込められているのだがその理由も分からない。サーカスの少女、初代が歌う子守唄から記憶を取り戻しかけたが、目の前で少女が殺されその犯人にされてしまう。逃亡者となった彼は北陸へ向かう列車の中で自身と瓜二つの菰田源三郎の死亡記事を目にする。広介は埋葬された源三郎が生き返ったように見せかけて源三郎に成りすます。こうして広介は奇妙な生活を送る羽目になる。源三郎の父、丈五郎は生まれながらの奇形で、執事の蛭川に家を任せ、沖にある無人島で島を改造しているという。まもなく、菰田家で源三郎の妻の千代子が殺された。広介は執事の蛭川、遠縁にあたる娘の静子、下男を連れ、島に渡る。

丈五郎は奇形人間を作り島に自らの理想郷を作ろうとしていた。そこでは初代そっくりの秀子という娘が男と人工的なシャム双生児にされていた。広介は源三郎の弟であり、広介が医大に通っていたのは丈五郎が奇形人間の製造を任せるためだったのだ。広介は自らが源三郎ではなく広介だと丈五郎に打ち明け、愛しあうようになった秀子に外科手術を施し、もとの体にしてやる。ところが、秀子には出生の秘密があった。

秀子は丈五郎が浮気を憎んだ妻、ときをせむし男に犯させて生ませた子で、広介と秀子は兄妹だったのだ。丈五郎はピストルを出し、広介に奇形人間製造の協力を求めるが、下男の正体は明智小五郎であり、ピストルの弾はすでに抜かれていた。明智は執事の蛭川が静子と愛人関係にあるうえに丈五郎を裏切り、源三郎を殺そうとして間違って千代子を殺してしまったことなどを暴く。計画の不可能を悟った丈五郎は自殺し、愛し合うようになった秀子と広介は心中、花火となって空中に四散した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:石井輝男
  • 脚本:掛札昌裕、石井輝男
  • 企画:岡田茂、天尾完次
  • 撮影:赤塚滋
  • 美術:吉村晟
  • 編集:神田忠男
  • 音楽:鏑木創
  • 助監督:依田智臣
  • 装置:温井弘司
  • 装飾:宮川俊夫
  • 録音:野津裕男
  • 照明:増田悦章
  • 編集:神田忠男
  • 記録:塚越恵江
  • 美粧:鳥居清一
  • 結髪:白鳥里子
  • 衣裳:岩逧保
  • 擬斗:三好郁夫
  • 進行主任:西村哲勇
  • 協力:木下サーカス
  • スチル:木村武司

製作[編集]

企画・脚本[編集]

石井輝男岡田茂東映企画製作本部長からの信頼も厚く[10]、岡田作成による東映の年間ラインナップ表には、"石井もの"というエログロ企画枠が用意され、封切りまでにそこで石井作品を必ず何かやらないといけないと決まっていた[2][11]。最初は、閻魔大王首切り浅あの世で残酷対決をする『地獄』というタイトルの作品が予定され[2]、充分な予算も与えられていたが、さらに金がかかり過ぎるとこれはボツ企画となった[注 2]。その後に誰が言いだしたのかミステリーをやろうとなり[2]、共同脚本の掛札昌裕は、横溝正史が当たると『八つ墓村』を推したが[7][11]、石井輝男が「どうしても江戸川乱歩をやりたい」というので乱歩をやることになった[11]。石井は「何か企画はないか?」と言われたので昔からファンだった乱歩の、特に『パノラマ島奇談』がお気に入りだったので、すぐに要望を出した、と話している[5][6]。しかし『パノラマ島奇談』ではなく『孤島の鬼』をベースに色んな乱歩作品が入っているのは、掛札の説明では、掛札がシャム双生児が出てくる『孤島の鬼』がもともと好きで、「最初は『孤島の鬼』だけでシノプシスを作っていて、途中から『パノラマ島奇談』が入って来た」[7]、「あのころ講談社から『江戸川乱歩全集』が出版されたので、それに便乗してサブタイトルをつけちゃおう、色んな原作のいいところをみんなかっさらちゃおうとなり、乱歩好きの僕と石井さんとで旅館に籠ってアイデアを出し合い、面白がって脚本作業をしました」などと述べている[2][12]。石井は「掛ちゃんも飛躍するのが好きな方だし、のってやりました」と話している[6]見世物小屋は、石井が子どもの頃に見た靖国神社での招魂祭でずらーと並んだ見世物小屋の光景がイメージにあるという[6]。石井監督の前作『明治大正昭和 猟奇女犯罪史』は阿部定本人を引っ張り出して大ヒットしていたので、本作公開前は“異常性愛路線”の企画は他にも色々挙がっていた[2]

撮影[編集]

同じ1969年4月『徳川いれずみ師 責め地獄』撮影中に東映京都撮影所で、労組系助監督たちによる石井監督排斥運動が表面化した影響もあり[13]、石井組の常連俳優と信頼できるスタッフを引き連れ[3]能登半島の會々木海岸で長期ロケーションを敢行[2][9]源平合戦で破れ配流された平時忠清盛の義兄)の子孫が代々住んだという重要文化財の邸宅・時国屋が使用された。オールラッシュも当地の古い映画館を借りて行われた[2][7]

演出[編集]

土方巽率いる暗黒舞踏塾の一座が奇形人間を演じている[8]。奇形人間の造形は石井がイメージを伝えたものだが[5]、土方からも「これどうですか」みたいなアイデアが出た[5]。ほとんどは毒々しい白塗りのペインティングや衣装を身にまとっているだけで、体型の異形を表現するようなギミックや着ぐるみなどは用いられていない。白塗りの人たちは土方の弟子と土方が京都でナンパして連れてきた学生がほとんど[14]。土方は気に入らないと石を拾って彼らに投げつけ、石井もビックリしたと話している[5]。土方はすごくのって10メートルくらいの波が立つ岩からの登場など命懸けでやってくれたという[5]。 

比較的地味な脇役俳優としても知られる小池朝雄が、女装をし、また“人間椅子”の中に入って恍惚となるなど、体当りの演技をみせている[5][14]。また小池は、テレビ朝日系で1982年に放送された“江戸川乱歩の美女シリーズ”にて、本作と原作が同じ『天国と地獄の美女 江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」』に出演している。

テレビ『柔道一直線』でブレイクする直前の近藤正臣が(人工的に造られた)シャム双生児の片割れの役で出演しているが、セリフもなく顔も近藤とは判別できない。

葦原将軍」として知られる葦原金次郎がモデルと思われる患者が、精神病院のシーンで登場する。

大木実明智小五郎を演じるのは1962年大映映画黒蜥蜴』以来だが、そのあまりにも唐突な正体の明かし方、股引き姿のままキザに謎解きを進める演技などで、地味ながら作品のカルト性に寄与している。

音楽[編集]

音楽監督は、プレスシートやこれを引用した資料(キネマ旬報の作品紹介など)には八木正生となっているが、実際は鏑木創である。この作品を境に、石井輝男作品の音楽を大部分手がけてきた八木が鏑木に交代する。鏑木は、1982年にテレビ朝日の土曜ワイド劇場枠スペシャルで「パノラマ島奇談」をドラマ化した「江戸川乱歩の美女シリーズ・天国と地獄の美女」でも音楽を手がけ、同趣向となったラストシーンでは対照的な曲付けをした。

封切り[編集]

内容の過激さから、セックスシーンや流血シーンは少ないにもかかわらず、公開当時は成人映画に指定された[注 3]。完成試写での営業サイドの反応が悪く[15]、捨て週間での公開で、出来の良くないアニメ[2]との併映となり[2]、客席はガラガラ[2]、ラストシーンも静まり返った。興行成績が全く振るわず10日間で公開打ち切り[16]。掛札は「後世こんなに評価されるとは夢にも思わなかった」と述べている[2]

作品の評価[編集]

カルト人気[編集]

初公開時には佐藤重臣など、ごく一部の映画評論家を除いて黙殺された[8][17]。しかし『恐怖奇形人間』というタイトルの凄まじさから、1970年代終わりごろに名画座で掛かるたびに怖いもの見たさの観客が押しかけ、口コミで面白さが伝わり、先の佐藤の1980年『フリークス』自主上映運動などもあり、さらに1980年代にアメリカからカルト映画という概念が入り[3]、『恐怖奇形人間』は、和製カルト映画の誉れをモノにした[17]。 

ビデオソフト[編集]

日本でのソフト化は困難とされ、各地の名画座やミニシアターの特集上映、及び後述の海賊版などでしか鑑賞はできなかった。1980年代のビデオバブルの時代に、ソフト化が予定されサンプルシロバコ)が一部マスコミに配られたが[3]、土壇場でビデオ発売は見送られ[18]、東映上層部は「『恐怖奇形人間』を今後ソフト化することは絶対にない」と決定した[17]。このとき、流出したシロバコから海賊版が作られ[17]、それを持っているかが「ウルトラセブン 第12話」などと共にマニアとしてのレベルが問われる時代があった[17]。1990年代に入り「大井武蔵野館」が繰り返し上映するようになり[17]、1993年3月に東映ビデオからVHSソフトの発売が予定され(品番:VRTB00560)、雑誌「宇宙船」63号において告知が行われたが、直前になって発売が中止された。その後監督としての石井輝男の再評価も進み、DVD誕生と共に“異常性愛路線”諸作品も2005年にDVD‐BOXとなって生まれ変わったがこれに『恐怖奇形人間』は入らなかった[17]

2006年9月に、アメリカのメーカーSynapse FilmsがDVD発売を予告[3][19]。告知から1年近くが経過した2007年8月に、ようやく、Horrors of Malformed Men のタイトルで全米発売され、オンラインDVD販売サイトなどで売り上げランキング1位を記録。日本でも逆輸入品として一部の店舗で販売された[3]。日本国内でも販売されると告知されたが、直前になり中止された[2][9][20]。当初発売されたものが、リージョンオールの[注 4]ソフトだったこともあってか、日本映画の海外盤DVDとしては珍しく、HMVAmazon.co.jpなどの国内通販サイト、および大手ショップの店頭でも取り扱われていた[注 5]

2017年10月、2005年8月12日に81歳で亡くなった石井輝男監督の13回忌追悼企画として日本国内で初めてソフト化された[9]

サントラ化[編集]

2017年6月、初公開より半世紀を経て、初のサウンドトラックCD化。

  • 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 オリジナルサウンドトラック[21]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 石井監督の前作『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』公開前の1969年8月22日の『東京スポーツ』に「東映は"性愛路線"にピリオドを打ち“怪奇シリーズ”に衣替え。江戸川乱歩の小説を映画化第一弾に」という記事が掲載された[4]
  2. ^ 地獄』として1999年に映画化された[2]
  3. ^ これもテレビ(地上波)放映されない原因のひとつである。1993年に発売中止になったビデオにも成人指定の注意書きが収録されていた。現在名画座などで上映される場合も以前の成人映画に相当する「R-18」指定になることが多い。ただし、この時期の東映には、この手の非ポルノ的な成人映画が非常に多い。
  4. ^ 日本仕様のDVDプレイヤーでも再生できる。
  5. ^ 後に再プレスされたものの中には、北米向けのリージョン1となっているものもある。

出典[編集]

  1. ^ a b 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間|一般社団法人日本映画製作者連盟
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』日本初DVD化&石井輝男の世界 共同脚本・掛札昌裕が語る異常性愛路線の作り方 文・高鳥都」、『映画秘宝2017年平成29年)9月号 pp.70-71、洋泉社
  3. ^ a b c d e f g h アナーキー 2012, pp. 92-95.
  4. ^ 「藤木TDCのヴィンテージ女優秘画帖 第7回 生贄の女・片山由美子」、『映画秘宝』2006年平成18年)10月号 p.112、洋泉社。
  5. ^ a b c d e f g 映画魂 1992, pp. 206-211.
  6. ^ a b c d e ピンキー 1999, pp. 232-237.
  7. ^ a b c d 脚本家クロニクル 1996, pp. 736-739.
  8. ^ a b c 日本特撮・幻想映画全集 1997, p. 206.
  9. ^ a b c d 東映ビデオオンラインショッ プ&ポイントクラブ / 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
  10. ^ 面白い時代劇 2015, pp. 582-583.
  11. ^ a b c 奇想の天才再降臨! 鈴木則文ふたたび 掛札昌裕インタビュー 文・柳下毅一郎」、『映画秘宝』2007年平成19年)10月号 pp.56-59、洋泉社。
  12. ^ 面白い怪奇&ミステリー 2015, pp. 118-119.
  13. ^ ピンキー 1999, pp. 36-37、220-221.
  14. ^ a b ピンキー 1999, pp. 226-227.
  15. ^ 完本映画魂 2012, pp. 547-549.
  16. ^ 「藤木TDCのヴィンテージ女優秘画帖 第8回 スケバンへの道~Enter the Sukeban~その1」、『映画秘宝』2006年平成18年)11月号 p.112、洋泉社、2006年
  17. ^ a b c d e f g 「『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』日本初DVD化&石井輝男の世界 奇跡!80年代の呪いが解かれ、遂にソフト化 文・田野辺尚人」、『映画秘宝2017年平成29年)9月号 p.69、洋泉社2011年
  18. ^ ピンキー 1999, pp. 206-207.
  19. ^ Panik House Blog September 07, 2006 The Big Announcement!
  20. ^ ピンキー 1999, pp. 206-209.
  21. ^ http://tower.jp/item/4502062/af

参考文献[編集]

外部リンク[編集]