江川隆男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江川 隆男
生誕 (1958-01-08) 1958年1月8日(61歳)
日本の旗 日本東京都
時代 21世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 フランス現代思想ドゥルーズ派
ポストモダン
研究分野 形而上学認識論存在論
倫理学
哲学史思想史
テンプレートを表示

江川 隆男(えがわ たかお、1958年1月8日 - )は、日本哲学者。専門は、ジル・ドゥルーズに関する研究を中心とする、フランス現代思想及び大陸哲学に関する研究。首都大学東京助教を経て、立教大学教授。学位は、博士(文学)(東京都立大学・2001年)。東京都出身。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『ニーチェ入門――悦ばしき哲学』河出書房新社、2010年。
  • 『HAPAX vol.4――戦争と革命』夜光社、2015年。

論文[編集]

翻訳[編集]

  • アンリ・ベルクソン『ベルクソン講義録〈3〉――近代哲学史講義・霊魂論講義』(合田正人共訳)法政大学出版局2000年
  • ジル・ドゥルーズ『狂人の二つの体制 1975-1982』(共訳)河出書房新社、2004年。
  • ジル・ドゥルーズ『狂人の二つの体制 1983-1995』(共訳)河出書房新社、2004年。
  • エミール・ブレイエ『初期ストア哲学における非物体的なものの理論』月曜社2006年
  • ジル・ドゥルーズ『ニーチェと哲学』河出書房新社、2008年
  • エドワード・ケーシー『場所の運命――哲学における隠された歴史(堂囿俊彦、大崎晴美、宮川弘美、井原健一郎共訳)新曜社、2008年
  • ジル・ドゥルーズ、クレール・パルネ『対話』(増田靖彦共訳)河出書房新社、2008年;[文庫版]『ディアローグ――ドゥルーズの思想』河出書房新社、2011年。

脚注[編集]

外部リンク[編集]