江原道 (北)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江原道
位置
DPRK2006 Kangwon.png
各種表記
チョソングル: 강원도
漢字: 江原道
日本語読み仮名: こうげんどう
片仮名転写: カンウォン=ド
ローマ字転写 (RR): Gangwon-do
ローマ字転写 (MR): Kangwŏn-do
統計(2008年
面積: 11,091 km²
総人口: 1,477,582 人
人口密度: 133 人/km²
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
下位行政区画: 2市15郡
ISO 3166-2: KP-07

江原道(カンウォンド、こうげんどう)は、朝鮮民主主義人民共和国にある行政区画。日本海に面し、景勝地である金剛山がある。

軍事境界線北緯38度線)を挟んで、大韓民国側にも同名の行政区画がある。

概要[編集]

江原道の名は朝鮮八道江原道から引き継いだものである。名前のもととなった江陵原州はいずれも韓国側にある。

第二次世界大戦後、日本統治時代江原道の範囲に北緯38度線が走っていたことで、江原道は南北に分断される。江原道の主要な都市をはじめとする面積の大部分は南側に属したため、1946年に北朝鮮は咸鏡南道元山市文川郡安辺郡京畿道漣川郡抱川郡(永平郡に改称)・加平郡を江原道に編入し、元山市を道都とした(鉄原郡から道庁を移転)。尚、加平郡は華川郡に編入され、永平郡は漣川郡と鉄原郡に分割編入され消滅した。

朝鮮戦争末期の戦線により、江原道一帯は軍事境界線が38度線より北に押し上げられている。

景勝地として知られた金剛山関東八景の一部がある。

行政[編集]

市部[編集]

  • 元山市 - 원산시【元山市】Wŏnsan-si (ウォンサン=シ、江原道道都)
  • 文川市 - 문천시【文川市】Munchŏn-si (ムンチョン=シ)

郡部[編集]

  • 川内郡 - 천내군【川內郡】Chŏnnae-kun (チョンネ=グン)
  • 安辺郡 - 안변군【安邊郡】Anpyŏn-kun (アンビョン=グン)
  • 高山郡 - 고산군【高山郡】Kosan-kun (コサン=グン)
  • 通川郡 - 통천군【通川郡】Thongchŏn-kun (トンチョン=グン)
  • 高城郡 - 고성군【高城郡】Kosŏng-kun (コソン=グン)
  • 金剛郡 - 금강군【金剛郡】Kŭmkang-kun (クムガン=グン)
  • 昌道郡 - 창도군【昌道郡】Changto-kun (チャンド=グン)
  • 金化郡 - 김화군【金化郡】Kimhwa-kun (キムファ=グン)
  • 淮陽郡 - 회양군【淮陽郡】Hwayang-kun (ホヮヤン=グン)
  • 洗浦郡 - 세포군【洗浦郡】Sepho-kun (セポ=グン)
  • 平康郡 - 평강군【平康郡】Phyŏngkang-kun (ピョンガン=グン)
  • 鉄原郡 - 철원군【鐵原郡】Chŏrwŏn-kun (チョルォン=グン)
  • 伊川郡 - 이천군【伊川郡】Ichŏn-kun (イチョン=グン)
  • 板橋郡 - 판교군【板橋郡】Phankyo-kun (パンギョ=グン)
  • 法洞郡 - 법동군【法洞郡】Pŏptong-kun (ポプトン=グン)

関連項目[編集]