江ノ電自転車ニキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片瀬海岸1丁目の交差点付近を走行する300形305編成(2005年9月14日に営業運行中のもの)
トラブルとなった動画の撮影地点はこの写真とほぼ同一地点である

江ノ電自転車ニキ(えのでんじてんしゃニキ)は、2021年令和3年)8月5日江ノ島電鉄の沿線で発生した電車の撮影を巡る騒動の原因となったニューヨーク出身の男性につけられた愛称である[1][2][3]

経緯[編集]

騒動の発生[編集]

2021年(令和3年)8月5日の深夜、江ノ島電鉄を走る300形電車305編成の点検と塗装が終了して試運転を行うところを撮影しようと、腰越駅 - 江ノ島駅間にある神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目(龍口寺前)の交差点に鉄道ファンが集まっていた[4][5][6][7]。近隣住民によれば19時頃から撮り鉄の数が増えていき、集まった30人以上の多くは中学生・高校生くらいの未成年に見えたという[7]。305編成は江ノ島電鉄で最も古い1960年昭和35年)製で、当日の22時30分から23時30分にかけて極楽寺駅 - 藤沢駅間を1往復する試運転が予定されていた[4][5][7]。なお江ノ島電鉄によれば、この試運転の予定は外部には公表されていなかったという[5][7]

江ノ島駅に向かう電車が交差点を通過しようとしていた22時50分ごろに、ピンクのシティサイクルに乗りながら電車に並走する男性が登場した[4][5][2]。男性はTシャツ短パン姿で左手を高く上げていた[5][2]。電車を撮影しようとしていたファンは、男性に電車から離れるよう罵声を上げるなどして注意したが応じなかったため、鉄道ファンが詰め寄る事態となった[5][7]。自転車に乗った男性は困惑した様子であったが、一部のファンが男性に罵声を浴びせたことを受けて別の人物が仲裁に入り、自転車に乗った男性は仲介役の人物とグータッチして「Peace」という言葉を交わして帰っていったことで騒動は一旦落ち着いたという[4][5]

映像の拡散と話題化[編集]

一連の出来事を撮影した動画はTwitterで拡散され、2021年8月6日21時30分時点で1万6000件以上のリツイートを記録し、自転車に乗っていた男性が「江ノ電自転車ニキ」(「江ノ電と並走していた自転車に乗ったアニキ」の略[3])として話題となり、江ノ電自転車ニキがメキシコ料理店の店主を務める人物であることが判明した[2][3][5][8](以下「自転車ニキ」と表記)。ネット上では自転車ニキを怒鳴りつけたファンの行動に対して批判する意見があった一方、普通に通過せずに撮影を妨害した自転車ニキに対して苦言を呈する声も出ていた[5]

自転車ニキの店を巡る攻防[編集]

公表を受けて自転車ニキの経営するメキシコ料理店のレビューは、同年8月7日から8日にかけて最低評価がつけられたり、嫌がらせを書かれたりするなどの被害を受けた(レビュー爆撃[2]。しかしこれに対抗して同店に対して高い評価をつける人も続出し、8000件ほどの最高評価がつけられた[2]。なお、いずれの意見も同年8月10日時点ではほとんど削除されレビュー自体もリセットされたが、この出来事を受けて江ノ電自転車ニキの経営するメキシコ料理店は行列ができるなど繁盛したという[2][3][6]

その後[編集]

同年12月に掲載された『女性自身』の記事では、騒動発生時のファンが自転車ニキに対して謝罪に来たと話している[3]。これに対して、自転車ニキは自身が事情を理解できていなかったこともよくなかったとして、この謝罪を受け入れた[3]

2021年(令和3年) 12月31日の「コミックマーケット99」では、鉄道ジャンルのサークルが集合する場所に自転車ニキ本人が登場した[1]

鉄道ファンの行動について[編集]

本トラブルは、鉄道撮影(撮り鉄)のあり方を巡って議論を起こした[6][7]

付近の住民は騒動での怒声によって騒音被害を被ったといい、接触事故が多い地点でカメラを構えるファンと道路交通との事故を懸念する声を上げた[7]。一方で、上記のようなファンの行為に対策を取らない江ノ島電鉄側を批判する住民もいた[7]

地元の鉄道ファンからはイメージ悪化を憂慮する意見が出ている[4][6][7]。フリーアナウンサーの大島由香里は、江ノ電のことを撮影したくなる気持ちは分かるとして撮影行為に一定の理解を示した一方で、ルールを守らない「撮り鉄」に対して批判している[6]

なお自転車ニキ本人は自身が状況が分かっていなかったことにも非があり、撮り鉄の人たちにも謝りたい気持ちがあると話している[1]

江ノ島電鉄からの説明[編集]

江ノ島電鉄の広報担当者は、本件は列車の運行の妨害がなかったために会社として動くことはなく、またトラブル発生場所が道路のため自治体や警察の管轄の範疇であると話した[7]。一方で、駅など江ノ島電鉄の管理権の及ぶ範囲での騒動に関しては今後も対応をとっていくとし、鉄道ファンに向けてマナーを守って楽しむことを呼びかけている[7]

反響[編集]

この騒動を受けてネット上では自転車ニキに関連するコラージュが多数作られ、自転車ニキ自身もインスタグラムにコラージュ画像を投稿し、江ノ電自転車ニキのInstagramのフォロワーは4.5万人を突破した[3][2][9][10][6]。江ノ電自転車ニキの運営するメキシコ料理店の店内では自転車ニキの画像が入ったTシャツやパーカーなどが売られ、LINEスタンプの販売も始まった[3]

2021年(令和3年) 8月25日の読売新聞内のコラム「辛酸なめ子のじわじわ時事ワード」では自転車ニキを取り上げている[11]

2021年(令和3年) 9月29日に森山直太朗がリリースした「遠くへ行きたい」の楽曲タイトルに因み、「#遠くへ行きたい直太朗ニキ」SNSキャンペーンを開催[12]し、コラ画像を10月6日まで募集した。この際、江ノ電自転車ニキとのコラボレーション[13]や、森山直太朗が左手を挙げて自転車に乗った素材の配布[14]が行われた。

2021年(令和3年) 11月8日に発売された『週刊少年ジャンプ』49号に掲載された松井優征の漫画『逃げ上手の若君』のセンターカラーの扉絵では、主人公・北条時行の姿と、自転車に乗って近づいてくる郎党・風間玄蕃の姿が描かれた[15]。風間玄蕃の姿は「江ノ電自転車ニキ」をモチーフにしたと考えられている[15]。松井優征は、この巻末で

偶然にも縁のある場所でした

とコメントしている[15]。まいじつエンタでは、自転車ニキが撮影された龍口寺前交差点が日本史上で北条時行が処刑された場所で、近くにある「龍口寺」に時行が最期を迎えたと考えられている「龍ノ口刑場」の石碑が建立されていることが関連しているとしている[15]

他にも、日本のネットを直接引用したTVBS[16]中国時報[17]、網路温度計[9]鏡週刊[18]今日新聞中国語版[19]聯合報[20]香港01[21]、台湾最大のネット掲示板『PTT(批踢踢)[注 1]』へ転載されたことをきっかけにそれを孫引きする形で報じた民視(FTV)[23]、サブカルチャー系メディアの宅宅新聞や[24]4Gamersなど[25]、主に中華圏を中心に海外メディアもこの件について騒動とコラージュを中心としたネット上でのミームを取り上げた[注 2]Know Your Memeでは「Enoden Bicycle Bro」のページ名でこの出来事を取り上げた[10]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当該スレッド[22]
  2. ^ 現地では当該男性を「老外[9]」(外国人の意)、「老闆[17]」(店主、主人の意)、あるいは『自転車ニキ』をそのまま訳した「鐵馬哥[16]」「單車(小)哥[18]」「腳踏車哥[17]」などと表記されている。(『鐵馬、單車、腳踏車』は中国語でいずれも自転車を意味し、『(小)哥』は兄弟だけでなく、血縁関係のない男性に対する「兄貴、兄さん」などの愛称で用いられる。)

出典[編集]

  1. ^ a b c 『コミケ99』江ノ電自転車ニキが“鉄道島”へ来て話題に…「みんなに謝りたい」 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h “辛酸なめ子のじわじわ時事ワード 江ノ電自転車ニキ”. 読売新聞. (2021-08-25). 
  3. ^ a b c d e f g h “江ノ電自転車ニキ”語った罵倒騒動のその後「撮り鉄の子が謝罪にきた」 | 女性自身” (日本語). WEB女性自身. 2022年1月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e 「どけー!」撮影を邪魔された「撮り鉄」が罵声上げる動画拡散 - 弁護士ドットコムニュース”. 弁護士ドットコム. 2022年1月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 「チャリ乗ってんな!」「どけ!」「金だろ」撮り鉄が通行人に次々罵声 深夜の江ノ電で何が起きた”. J-CAST ニュース (2021年8月6日). 2022年1月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 「どけよ!」江ノ電、撮り鉄の恫喝問題 現場に居合わせた20代の撮り鉄男性「そういう風潮はもうやめておこう」と仲裁を告白”. ABEMA TIMES (2022年2月15日). 2022年2月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 「どけボケ!」撮り鉄が深夜に外国人を罵倒の「江ノ電騒動」近所もマナーの悪さに大迷惑”. AERA dot. (2022年2月15日). 2022年2月15日閲覧。
  8. ^ 亂入列車攝影現場遭炎上 Taco老闆大量迷因產生 還引發網友論戰 | ETtoday遊戲雲 | ETtoday新聞雲” (中国語). game.ettoday.net. 2022年2月15日閲覧。
  9. ^ a b c 翁筠茜 (2021年8月8日). “日本「電車老外」爆紅!鐵道迷守候拍攝江之島電鐵 老外搶鏡揮手遭罵「去死」” (中国語). dailyview.tw. 2022年1月27日閲覧。
  10. ^ a b Enoden Bicycle Bro”. Know Your Meme. 2022年1月27日閲覧。
  11. ^ あす(25日)は「JO1」が登場!!!! : popstyleブログ : エンタメ : 読売新聞オンライン”. blog.yomiuri.co.jp. 2022年1月27日閲覧。
  12. ^ Japan, Universal Music (2021年9月29日). “森山直太朗 SNSキャンペーン「#遠くへ行きたい直太朗ニキ」を開催 | Universal Music Japan” (日本語). Universal Music Japan. 2022年1月30日閲覧。
  13. ^ https://twitter.com/naotaroofficial/status/1444302172183662599” (日本語). Twitter. 2022年1月30日閲覧。
  14. ^ https://twitter.com/umusicjapan/status/1444181602435801089” (日本語). Twitter. 2022年1月30日閲覧。
  15. ^ a b c d ジャンプ『逃げ若』の“江ノ電ニキ”パロディーに大反響! その裏には意外な真相が…”. まいじつエンタ (2021年11月13日). 2022年1月27日閲覧。
  16. ^ a b 黃貞怡 (2021年8月12日). “激怒鐵道迷一夜成名 「江之電鐵馬哥」引爆迷因創作熱” (中国語). TVBS. TVBS. Yahoo奇摩. 2022年1月28日閲覧。
  17. ^ a b c 賈恩祺. “鐵道迷苦守等拍美照 見老外亂入「與電車同行」全怒了 - 搜奇” (中国語). chinatimes.com. 中時新聞網. 2022年1月27日閲覧。
  18. ^ a b 孟凱希 (2021年8月13日). “江之電單車梗圖爆紅! 「老外亂入」迷因大量發生中” (中国語). 鏡週刊. https://www.mirrormedia.mg/story/20210813web003/ 
  19. ^ 楊智傑 (2021年8月10日). “電車老外亂入!鐵道迷「苦等5年」泡湯 他搶鏡揮手挨轟 | 新奇” (中国語). NOWnews今日新聞. NOWnews今日新聞. 2022年1月27日閲覧。
  20. ^ 啄雞. “日本「電車老外」同框江之島電鐵成迷因 各路P圖大神出動惡搞” (中国語). udn遊戲角落. 聯合新聞網. 2022年1月27日閲覧。
  21. ^ 沉默是柑 (2021年8月10日). “誤入電車迷攝影現場遭拍片圍罵 網民倒戈力撐亂入男結果大快人心” (中国語). 香港01. https://www.hk01.com/%E9%96%8B%E7%BD%90/661686/%E8%AA%A4%E5%85%A5%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E8%BF%B7%E6%94%9D%E5%BD%B1%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E9%81%AD%E6%8B%8D%E7%89%87%E5%9C%8D%E7%BD%B5-%E7%B6%B2%E6%B0%91%E5%80%92%E6%88%88%E5%8A%9B%E6%92%90%E4%BA%82%E5%85%A5%E7%94%B7%E7%B5%90%E6%9E%9C%E5%A4%A7%E5%BF%AB%E4%BA%BA%E5%BF%83 2022年1月28日閲覧。 
  22. ^ [問卦] 日本電車老外爆紅” (中国語). ptt.cc (2021年8月8日). 2022年1月28日閲覧。
  23. ^ 周孟漢 (2021年8月10日). “日本電車老外「與車同行」超紅!開心揮手變「哏圖」網友全笑翻” (中国語). 民視新聞網. 民間全民電視公司. 2022年1月27日閲覧。
  24. ^ 鯛魚 (2021年8月11日). “《江之電腳踏車哥惡搞迷因集》炎上事件過後店面大爆滿 在網路上到處亂入人氣破表” (中国語). 宅宅新聞. https://news.gamme.com.tw/1721483 
  25. ^ Lucie. “外國男子意外同框江之島電車惹鐵道迷暴怒,社群大量迷因發生中” (中国語). 4Gamers 官方網站. 4Gamers. 2022年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]