江ノ電バス横浜営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江ノ電バス横浜営業所の外観

江ノ電バス横浜営業所(えのでんバスよこはまえいぎょうしょ)とは、神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-21にある江ノ電バスの営業所。2007年12月1日江ノ島電鉄自動車部から分離子会社化された。横浜市港南区磯子区が主な営業エリアで、同市栄区鎌倉市横浜駅へ乗り入れる路線もある。

沿革[編集]

  • 1956年昭和31年):江ノ島鎌倉観光自動車部のバス営業所として弘明寺バス停付近の横浜市南区通り町103番地に開設。
  • 1957年(昭和32年):関ノ上バス停付近の横浜市南区上大岡町645番地(現 港南区上大岡西3丁目2番21号)に移転。旧営業所を弘明寺案内所とする。
  • 1969年(昭和44年):栗木バス停付近に横浜営業所栗木車庫を開設。
  • 1975年(昭和50年):鎌倉営業所に統合され鎌倉営業所横浜支所となる。
  • 1980年(昭和55年):鎌倉営業所横浜支所から分離し、再び横浜営業所となる。
  • 1992年平成4年):栗木車庫を廃止。
  • 2007年(平成19年)
  • 3月18日PASMOサービスインと同時に管内でPASMO稼動開始。
  • 12月1日:株式会社江ノ電バス横浜発足。江ノ島電鉄から路線移管を受け、当所は江ノ電バス横浜の横浜営業所となる。
  • 2008年(平成20年)7月27日:磯子駅 - 上大岡駅間の屏風ヶ浦線廃止。

現行路線[編集]

横浜市南部の丘陵地帯に建設された団地・住宅地へ向かう路線が多い。近年はこれまでバスが入れなかった狭隘路を通るミニバス路線が運行されている。大船・鎌倉方面への路線を除き運賃均一地区での運行であるため、乗降方式は「前乗り・運賃先払い」(信用支払い)である。

本項では系統番号を表記しているが、これは便宜上のものであり、実際に運行されるバスに系統番号は表示されない。「神奈川県内乗合バス・ルートあんない No,3」(2014年発行)ではそれまでの神奈川県バス協会発行の「かながわのバスマップ」等で使われた系統番号と異なる番号が付けられた。ここでは前者を基準に表記し、後者については括弧内で示すこととする。

上大岡 - 鎌倉線[編集]

  • 21-1(江2301):上大岡駅 - 日野公園墓地入口 - 港南車庫入口 - 天神橋 - 笠間十字路 - 大船駅 - 常楽寺 - 北鎌倉 - 鎌倉八幡宮前 - 鎌倉駅
    • 平日は一部時間帯を除き1時間に1本程度、土休日は午前中に1時間に1本程度と昼以降に数便のみ運行される。運行の無い時間帯は上大岡駅方面 - 大船駅間の各路線(神奈川中央交通<神奈中バス>運行便を含む)や、大船駅 - 鎌倉駅便の運行によって補完している(大船駅で乗り継ぐ場合、東口バスターミナルと東口交通広場の間を徒歩で移動する必要がある)。正月ダイヤ時は鎌倉駅周辺の交通規制に合わせて鎌倉八幡宮前までの運転となる。嘗ては鎌倉駅 - 天神橋の区間運転も存在した。

横浜線[編集]

大船駅-上大岡駅線は神奈中にあわせ、「船05」の系統番号が付される。
  • 船05(江2102):上大岡駅 - 日野公園墓地入口 - 港南車庫入口 - 天神橋 - 笠間十字路 - 大船駅
    • 鎌倉営業所と共管。上大岡 - 鎌倉線の上大岡駅側の区間便にあたる。ほとんどの区間で鎌倉街道を走行する。バスの行先表示には、同一区間を運行する神奈川中央交通横浜営業所のバスに合わせて「船05」の系統番号が記載されているが、共通定期券回数券の取り扱いがないほか、時刻表も1枚にまとめて掲示されておらず、江ノ電バスと神奈中バスで別々となっている。横浜駅発着便(江2101)は鎌倉営業所が単独で運行。大船駅 - 上大岡駅間は上記の上大岡 - 鎌倉線、鎌倉営業所担当の大船駅 - 横浜駅便と神奈中バス運行の船05・船20系統(桜木町駅 - 上大岡駅 - 大船駅)を合わせて毎時8本以上の高頻度運行であるが、江ノ電バスは横浜営業所の担当便の方が多く、鎌倉営業所の担当便は少なめとなっている。嘗ては大船駅 - 天神橋の区間運転も存在した。

栗木線[編集]

  • 42-1(江4201):横浜駅 - 野毛大通り - 日ノ出町駅前 - 吉野町駅前 - 弘明寺 - 上大岡駅 - 打越 - 栗木
  • 42-2(江4205):上大岡駅 - 打越 - 栗木
    • 上大岡駅以南の区間便も運行される一方、栗木線の横浜駅発着便は1時間に1本あり、横浜駅 - 大船駅便よりも本数が多い。打越・栗木方面には他に横浜市中心部に至るバス路線が沿線に存在せず、所要時間が長くなるが乗り換えずに直通できるメリットがあり、現在でも上大岡駅を跨いでの利用者や上大岡駅以北のみの利用者が一定数存在している。横浜駅発は高島町から野毛大通りは横浜市営バス・神奈中バス・京浜急行バスとは異なり、国道16号線と並走する県道13号線(新横浜通り)を走行し(横浜駅行きは国道16号線を走行)、桜木町駅バスターミナルには乗り入れず、桜木町駅へは野毛大通りが最寄り停留所となる。これは鎌倉営業所担当の横浜駅 - 大船駅便も同様。上大岡駅以南は、下記の氷取沢線と経路が重複する。

氷取沢線[編集]

  • 43-3(江4206):上大岡駅 - 打越 - 栗木 - 上中里町( → 随縁寺前 → / ← 上中里団地 ← )氷取沢( → / ← 氷取沢公園下 ← )磯子台団地
  • 43-2(江4202):上大岡駅 - 打越 - 栗木 - 上中里町( → 随縁寺前 → / ← )上中里団地
  • (江4203):上大岡駅→打越→栗木→上中里町→随縁寺前→磯子台団地→氷取沢公園下
  • 43-1(江4207):上大岡駅→打越→栗木→(循環)下ヶ谷→上中里団地→栗木→打越→上大岡駅
  • 46-1:磯子台団地→随縁寺前→栗木→打越→屏風ヶ浦駅→磯子駅(平日朝のみ)
  • 46-2:磯子台団地→上中里団地→栗木→打越→屏風ヶ浦駅→磯子駅(朝のみ)
    • 上大岡駅から笹下釜利谷道路を南下して2団地へ向かう路線で、頻繁運行。磯子台団地と上中里団地の両方に立ち寄る便、磯子台団地に立ち寄ったのち上中里団地を通らずに下ヶ谷経由で上大岡駅に戻る便、磯子台団地には行かずに下ヶ谷、上中里団地を経由して上大岡駅に戻る便があるほか、氷取沢公園下止まりの便もある。栗木線と合わせるとかなりの本数となり、上大岡駅と磯子区南部を直接結ぶことで利便性は高い。特に氷取沢方面のバスは日中でも上大岡駅発着時点で満員状態になるほどに乗客も多く、横浜営業所の主力路線の一つである。磯子駅行きは朝の数本のみの運行で、打越~磯子工業高校前は廃止された屏風ヶ浦線の経路をたどる。

栗木 - 洋光台線[編集]

  • 48(江4401):洋光台駅 - 洋光台第一小学校前 - 栗木
    • 平日洋光台駅方面1本のみ運行。

洋光台線[編集]

  • 44-1(江4402):上大岡駅 - 打越 - 西公園前 - 洋光台駅
  • 44-2(江4508):洋光台駅→日野中央公園入口→上大岡駅
    • 上大岡駅と洋光台駅を結ぶ系統。日野中央公園入口経由便については平日早朝1便のみ運行されており、復路の運行はない(以前は復路便もあったが、乗降客の減少に伴い、2008年7月27日をもって廃止された。)。
    • また44-2系統は上大岡駅から洋光台駅・日野団地入口・洋光台第三小学校前を経由(逆回り便もあった)して上大岡駅へ戻る循環路線だったが、2008年7月27日に行われた路線再編により全便が西公園経由洋光台駅行きとなり、洋光台五丁目・日野団地入口・洋光台第三小学校前を経由する路線は廃止された。

桜道線・プラウドシーズン線[編集]

  • 45-1(江4501):上大岡駅 - 桜道坂上 - 雑色 - 長谷川団地 - 洋光台一丁目 - 洋光台駅
  • 45-2(江4502):上大岡駅 - 桜道坂上 - 雑色
  • (江4503):雑色 - 長谷川団地 - 洋光台駅
  • 上大岡駅 - 桜道坂上 - 雑色 - 長谷川団地 - プラウドシーズン
  • 洋光台駅 - プラウドシーズン
    • 上記の洋光台線と同様、上大岡駅と洋光台駅を結ぶ路線だが、こちらは狭隘道路が多い住宅地を通り抜ける。そのため、ミニバスのポンチョで運行される。1時間に3本程度運行され、積み残しが発生するほどに乗客が多いのが特徴である。夕方には乗客の多い桜道坂上周辺の輸送力増強のために上大岡駅から雑色までの区間便が運行、雑色到着後は道路を直進し笹下釜利谷道路経由で上大岡駅あるいは車庫へ回送される。この回送ルートは4月の桜まつり開催時に関の下 - 桜道坂上 - 雑色間が通行出来ない際の代替ルートとしても使用される。夜間の洋光台駅発雑色行きは出入庫便であり、雑色では専用のバス停で客を降ろしてから交差点を右折、笹下釜利谷道路経由で回送入庫する。

三井団地線[編集]

  • 47(江4601):洋光台駅 - 松之内 - 三井団地 - 磯子駅
  • 洋光台駅 - 温室前
    • 当営業所の中で最も新しい路線。洋光台と磯子を結ぶ路線で、走行区間の大半が狭隘道路の多い住宅地を通り抜ける。そのため、ミニバスのポンチョで運行される。運行本数は、1時間に2本運行している。

明治学院大学南門線(幸ヶ丘線)[編集]

  • 35-1(江2513):戸塚駅 - 日立和敬寮前 - 実方塚 - 明治学院大学正門 - 明治学院大学南門
    • 2005年11月12日に運行を開始した路線。鎌倉営業所との共管路線で、大半の便を鎌倉営業所が担当するが、一部の便は横浜営業所が担当する。その名の通り大学関連輸送がメインであり、学校の行事や休日によってダイヤが異なってくるが、概ね平日日中は1時間に6本の間隔、土休日は終日1時間に4本の間隔で運行されている。また、平日の14時 - 18時までの間、戸塚駅方面に急行バスが運行しており、明治学院大学南門、明治学院大学正門、戸塚駅にのみ停車する。この間、急行バスの通過バス停では1時間に4本の間隔になる。
    • 2013年2月12日に一部の便(平日6便,土休日7便)が平島まで延伸されたが平島発着便については全て鎌倉営業所が担当する。
    • 江ノ電運転手運行表には「幸ヶ丘線」と書かれている。

過去の路線[編集]

屏風ヶ浦線[編集]

  • 磯子駅 - 屏風ヶ浦駅 - 打越 - 上大岡駅
    • 磯子駅と上大岡駅の間を屏風ヶ浦駅、打越を経由して結んだ路線。かつての横浜市営バス69系統の磯子駅側と同じ経路で、同系統の廃止後も運行を続けていたが、2008年7月27日の路線再編で廃止となった。現在では廃止区間のうち磯子駅 - 磯子工業高校前間を三井団地線が運行するほか、磯子駅と上大岡駅を結ぶ路線としては、横浜市営バス・神奈川中央交通の64・港64(磯子駅 - 笹堀 - 上大岡駅・港南台駅)と横浜京急バス磯6(杉田・磯子駅 - 森ヶ丘 - 上大岡駅)が残っている。

横浜 - 江ノ島線[編集]

  • 横浜駅 - 日の出町 - 吉野町3丁目 - 上大岡駅 - 天神橋 - 平島 - 大船駅 - 常楽寺 - 北鎌倉駅 - 八幡宮前 - 鎌倉駅 - 江ノ島
    • 大船営業所、鎌倉営業所と共管。

杉田線[編集]

  • 弘明寺 - 関ノ下 - 杉田

車両[編集]

所属車両の社番は頭が3番台の3桁表記である。かつては長尺車が導入されていた。一時期サイズダウンした時期もあったが、近年では大型幅9m車や中型幅長尺車が製造されなくなったことと、混雑時の収容力に難があることから再び大型車の増備に切り替わり、ノンステップバスの導入も行われている。最近では、三菱ふそう製のOEM供給車であるスペースランナーAが1台配置され、2013年には三菱ふそう純製のエアロスターが横浜営業所初となる四枚折戸装備で導入された。2015年より三菱ふそう製のエアロスターノンステップバスを導入している[1]。桜道線・三井団地線用の小型車は日野ポンチョである。

参考文献[編集]

  • 江ノ電バス10年の歩み 江ノ島鎌倉観光株式会社 運輸部 1959年6月11日
  • 江ノ電六十年記 江ノ島鎌倉観光株式会社 六十年史編纂委員会 1963年9月1日
  • 江ノ電八十年表 江ノ島電鉄株式会社 開業80周年記念事業委員会 1982年9月1日
  • 江ノ電の100年 江ノ島電鉄株式会社 開業100周年記念誌編纂室 2002年9月1日
  • 車両一覧表 江ノ島鎌倉観光株式会社(1981年9月1日以降は江ノ島電鉄株式会社) 自動車部整備課 各年度版
  • 江ノ島鎌倉観光(株) 社内報「ひろば」 各号
  • 江ノ電バス整備物語 渡邉廣 2002年8月30日
  • 「江ノ電」乗合バス ボンネット・バスからワンマン・バスへ 渡邉廣 2008年6月11日

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 328号は江ノ電バス初の白色LED車、300,301,329号はラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート車である。