汎血球減少

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

汎血球減少(はんけっきゅうげんしょう、pancytopenia)は、血液中の赤血球白血球血小板の全ての血中細胞成分が全体的に減少する症候である[1]

貧血赤血球系細胞の特異的な減少を示すが、貧血等の様に特定の細胞成分が減少することとは対照的に、汎血球減少は末梢血中の赤血球系細胞・白血球系細胞・血小板系細胞の内の複数の系統が同時に減少することをいう。なお、3系統のうち2系統が同時に減少する病態を、二血球減少(bicytopenia)という場合がある[2][3]

原因[編集]

造血幹細胞の異常等、血球産成作用が低下することによって本症候を来たす。

検査[編集]

通常、他の症例と区別するため、骨髄組織の検査を必要とする。

鑑別[編集]

鑑別すべき疾患として以下の物が重要である。

関連項目[編集]

参考サイト[編集]

出典[編集]

  1. ^ 汎血球減少の疾患・症状情報|医療情報データベース【今日の臨床サポート】”. clinicalsup.jp. 2021年9月29日閲覧。
  2. ^ Yasuhito, Fujino; Yasuhito, Fujino (2011). “二血球減少症(bicytopenia)・汎血球減少症(pancytopenia)を鑑別する” (英語). 日本獣医皮膚科学会学術大会・総会 14th (Vol.2): 158–159. https://jglobal.jst.go.jp/en/detail?JGLOBAL_ID=201102240190747981. 
  3. ^ ライフサイエンス辞書: bicytopenia”. lsd-project.jp. 2021年9月29日閲覧。