永長佐京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永長佐京(ながおさ さきょう、1908年(明治41年)1月20日 - 1975年(昭和50年)2月22日)は日本実業家第一家庭電器創業者。千葉県香取郡神崎町出身。

略歴[編集]

千葉県香取郡神崎町に生まれ、高等小学校卒業後に地元の酒造家に丁稚奉公に入る。6年後上京し、1929年(昭和4年)に、江戸川区小松川で酒屋を独立して営業する。戦時統制下にあって1940年(昭和15年)に酒屋を廃業[1]。翌年に牛車による運送業を開始[2]。2年後には日本一と言われるほどの規模に事業を成長させるが[3]、終戦とともに1945年(昭和20年)に廃業した[4]

1948年(昭和23年)に、千代田区神田富山町にてラジオ月賦店「鈴や」を創業[5]。鈴やはやがてボランタリー・チェーン化し「ラジオリンクストア」の展開を開始する[6]1956年(昭和31年)に東京芝浦電気傘下に入る形で鈴やを発展的に解消、東京家庭電器株式会社を設立し、社長に就任する。

しかし、次第に強まっていった店舗の東芝色に違和感を覚え、2年後の1958年(昭和33年)に独立し第一家庭電器株式会社を設立。社名には「あらゆる家庭電化製品を売ることを第一に」「第一に皆様の家庭にご奉仕する」といった意味が込められているという[7]

当初は本拠地だった新橋の他、川崎秋葉原新宿に出店[8]。特に秋葉原界隈には5店舗を構えたが、シェア拡大に限界を感じ1962年(昭和37年)には三鷹市に出店[9]。以降、郊外出店を進めていき、第一家庭電器を1970年代を通じて日本随一の規模の家電量販店に成長させた。

1972年(昭和47年)、家電量販業界への貢献により藍綬褒章を受章。業界内では全日本電気大型経営研究会(全日電)の会長を務めたほか、全日電の後身にあたる日本電気大型店協会の名誉会長も務めた。1974年(昭和49年)に第一家庭電器の社長を退き、同社の会長に就任[10]。同年、千葉県立図書館等への寄付により紺綬褒章を受章。

1975年(昭和50年)2月22日喉頭癌のため67歳で死去[11]。晩年の8年余りは病のため入退院を繰り返していた[12]

1976年(昭和51年)2月18日、第一家庭電器から永長左京追悼集が発行された[13]

著書[編集]

  • 永長佐京『喉頭ガンと闘って七年半』永長佐京、1975年。
  • 永長佐京ほか(共著)『私の経営 第3集』日刊工業新聞社、1974年。全国書誌番号:70005842

関連書籍[編集]

  • 第一家庭電器『永長佐京の歩み : 第一家庭電器株式会社十年史』第一家庭電器、1971年。全国書誌番号:73009599
  • 森下節『青雲の人 : 永長佐京外伝』風来社、1973年。
  • 『永長佐京追悼集』第一家庭電器、1976年。

出典[編集]