永野為武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永野 為武(ながの ためたけ、1910年12月12日 - 1994年12月)は、日本の生物学者俳人東北大学名誉教授。

来歴[編集]

愛媛県生まれ。東北帝国大学理学部卒、1948年「甲殻類色素系の生理学的研究」で理学博士。東北大学教授、74年定年退官、名誉教授。教育委員会委員長。また孫柳の号で『俳句饗宴』を主催した(石崎素城が現主催)。小名木滋名義も初期に用いた。

著書[編集]

  • 樹齢 小名木滋 風流陣発行所、1925
  • 理論生物学論叢 昭和書房 1943
  • 科学の衣裳 富山房 1947
  • トーマス・ハックスリ小伝 生活社 1947 (日本叢書)
  • 小動物物語 広島図書 1950 (銀の鈴文庫 社会科学篇
  • 生物と環境 三省堂 1951 (理科文庫)
  • 科学の窓 石崎書店 1953
  • 高校くわしい生物 学術図書出版社 1955
  • 科学史 三省堂 1957 (やさしい科学選集)
  • さまざまな視覚の世界 新潮社 1966
  • よくわかる生物 旺文社 1966.3
  • 甘言充巷 <竜>の社会事評100章 宮城時事新報社 1967
  • 工学的生物学 文理書院 1969
  • 動物の“ことば"の秘密 1970 (旺文社新書)
  • 砂時計 句集 永野孫柳 俳句饗宴社 1971 (俳句饗宴叢書)
  • 動物の行動 生態学講座 22 共立出版 1972
  • 琳琅館 句集 永野孫柳 俳句饗宴社 1976.9 (俳句饗宴叢書)
  • 寿林 永野孫柳句集 1980.10
  • 東紅西藍 随筆 俳句饗宴社 1984.8 (俳句饗宴叢書)
  • 旧山河 永野孫柳句集 俳句饗宴社 1984.8
  • 花筐 永野孫柳七部句集 四季画廊 1987.4
  • 宮城県をめぐる「おくのほそ道」の謎解き 徳陽相互銀行 1988.5

共著編[編集]

  • 生物の辞典 柘植秀臣,谷田専治共編 岩崎書店 1956
  • 科学なるほどブック 東北出版 1958
  • 最新生物学概論 猪野俊平共著 三共出版 1961
  • 新編自然科学概論 本多修郎,大内義一共著 理想社 1962
  • 生活科学概論 内田老鶴圃新社 1966
  • 英和和英生物学用語辞典 三共出版 1972
  • 生物科学概論 猪野俊平共著 三共出版 1973
  • 新みちのく歳時記 永野孫柳編著 宝文堂出版 1982.3

翻訳[編集]

  • 動物の行動・環境 ラッセル 石田周三共訳 岩波書店 1937
  • 家畜・栽培植物の変異 上 篠遠喜人共訳 ダーウィン全集 第4 白揚社 1938
  • 自然と生命 ホワイトヘッド 柘植秀臣共訳 三省堂 1939
  • 珊瑚礁 ダーウィン全集 第3 b 白揚社 1940
  • 細菌物語 B.B.メイル 谷田専治共訳 青木書店 1940 (文化叢書
  • 白蟻談義 原名白蟻の心 マレース 谷田専治共訳 日新書院 1941
  • 本能の研究 N.ティンベルヘン 三共出版 1957
  • 動物の行動 J.P.スコット 法政大学出版局 1961
  • 本能の研究 1969年版 ニコラス・ティンバーゲン 三共出版 1975

参考[編集]

  • 文藝年鑑1955