永野善子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永野 善子(ながの よしこ、1950年11月17日[1]- )は、日本の国際関係論学者、神奈川大学教授。

東京都生まれ。1973年津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。1981年一橋大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。88年「フィリピン経済史研究 糖業資本と地主制」(加納善子)で一橋大学社会学博士。1982年光陵女子短期大学専任講師。85年助教授、1990年 神奈川大学人間科学部助教授、教授[2]。専攻:国際関係論(アジア社会論)。夫は加納啓良

著書[編集]

  • 『フィリピン経済史研究 糖業資本と地主制』勁草書房 1986
  • 『砂糖アシエンダと貧困 フィリピン・ネグロス島小史』勁草書房 1990
  • 『歴史と英雄 フィリピン革命百年とポストコロニアル』御茶の水書房 神奈川大学評論ブックレット 2000
  • 『フィリピン銀行史研究 植民地体制と金融』御茶の水書房 2003
  • State and Finance in the Philippines, 1898-1941 : the Mismanagement of an American Colony.Ateneo de Manila University Press,[2015]
  • 『日本/フィリピン歴史対話の試み グローバル化時代のなかで』御茶の水書房 2016

共編著[編集]

  • 『フィリピンの環境とコミュニティ 砂糖生産と伐採の現場から』葉山アツコ,関良基共著 明石書店 2000
  • 『アメリカの影のもとで 日本とフィリピン』藤原帰一共編著 法政大学出版局 2011
  • 『植民地近代性の国際比較 アジア・アフリカ・ラテンアメリカの歴史経験』編著 御茶の水書房 神奈川大学人文学研究叢書 2013

翻訳[編集]

  • レナト=コンスタンティーノ『フィリピン民衆の歴史 1 往事再訪 1』池端雪浦共訳 井村文化事業社 フィリピン双書 1978
  • レイナルド・C.イレート,ビセンテ・L.ラファエル,フロロ・C.キブイェン『フィリピン歴史研究と植民地言説』編・監訳 めこん 2004
  • レイナルド・C.イレート『キリスト受難詩と革命 1840~1910年のフィリピン民衆運動』清水展共監修 川田牧人,宮脇聡史, 高野邦夫訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2005

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 外部リンク参照

外部リンク[編集]