永田文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永田 文夫(ながた ふみお、1927年3月28日 - 2016年5月13日[1])は、日本音楽評論家、訳詞家。妻はタンゴ歌手前田はるみ

人物[編集]

大阪府大阪市出身。1948年京都大学工学部卒業。翌1949年上京、シャンソン社を設立、月刊誌『シャンソン』を刊行した。その後シャンソンを中心とする洋楽の訳詞をはじめ、並行して音楽評論家としても活動。

作品[編集]

著書[編集]

  • 『世界の名曲とレコード 第2 ラテン・タンゴ編』誠文堂新光社 1966
  • 『世界の名曲とレコード 第3 シャンソン・カンツォーネ編』誠文堂新光社 1967
  • 『アメリカン・フォークソング』編 成美堂出版 1975
  • 『スクリーン・ミュージック』編 成美堂出版 1975
  • 『ラテン・フォルクローレ・タンゴ 世界の名曲とレコード』誠文堂新光社 1977
  • 『シャンソン 世界の名曲とレコード』誠文堂新光社 1984
翻訳

訳詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 永田文夫氏死去(音楽評論家、訳詞家) 時事ドットコム 2016年5月13日