永田寛哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永田 寛哲
生誕 1979年1月25日
日本の旗 日本 香川県観音寺市
出身校 開成高等学校卒業
東京医科歯科大学中退
職業ピクシブ株式会社代表取締役社長
株式会社ユービック代表取締役

永田 寛哲(ながた ひろあき、1979年1月25日- )は、日本の実業家。ユービック代表取締役、元ピクシブ株式会社代表取締役社長[1]。女性アイドルグループ・虹のコンキスタドール元プロデューサー。小板橋 英一の筆名で編集者・ライターとしても活動している[2]香川県観音寺市出身。

来歴・人物[編集]

父親は歯科医であったが、家庭の都合で各地を転々とする幼少時代を過ごす。1991年、開成中学校に入学し、この時、後にpixiv開発統括となる青木俊介と出会う。

1997年、開成高等学校を卒業、東京医科歯科大学歯学部に入学。在学中にモーニング娘。ファンとなり、熱心な「モーヲタ」(モーニング娘。のオタク)となる。小板橋英一の名義でフリーの編集者、ライター活動を始める。その後、大学を6回次で休学し、メディアプロダクション・ユービックとしての活動を開始。2006年に法人化し、代表取締役に就任する。

2007年1月、クルーク株式会社(現ピクシブ株式会社)取締役副社長に就任する。

2011年、ピクシブプロダクションを設立。2014年、サウンドプロデューサーに福嶋麻衣子(もふくちゃん)を迎え、ピクシブで「つくドル!」プロジェクト開始[3]。同プロジェクトより生まれた女性アイドルグループ虹のコンキスタドール(虹コン)の総合プロデューサーを務める。また2016年7月にはベースボールガールズをベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)に改称の上、ピクシブプロダクションに所属させる[4]

略歴[編集]

  • 1979年(昭和54年) - 1月25日、香川県観音寺市に生まれる
  • 1991年(平成3年) - 開成中学校に入学
  • 1997年(平成9年) - 開成高等学校を卒業し、東京医科歯科大学歯学部に入学
  • 2006年(平成18年) - 株式会社ユービックを設立、代表取締役に就任
  • 2007年(平成19年) - クルーク株式会社(現ピクシブ株式会社)取締役副社長に就任
  • 2017年(平成29年) - ピクシブ株式会社取締役会長に就任
  • 2018年(平成30年) - ピクシブ株式会社代表取締役社長に就任
  • 2018年(平成30年) - ピクシブ株式会社代表取締役及び関係子会社の代表取締役及び取締役を辞任[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]