永照寺 (羽島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永照寺

Eisho-ji temple, Hashima, 2017.jpg

所在地 岐阜県羽島市福寿町平方1372
位置 北緯35度18分56.7秒
東経136度40分34.3秒
座標: 北緯35度18分56.7秒 東経136度40分34.3秒
山号 光明山
宗派 浄土真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
創建年 天文2年(1533年)
開山 照光
文化財 県指定文化財:本堂
テンプレートを表示

永照寺(えいしょうじ)は岐阜県羽島市福寿町平方にある浄土真宗大谷派の寺院で、山号は光明山。本堂が岐阜県の文化財に指定されている。

天文2年(1533年)伊勢国桑名郡長島郷杉江村に照光が光照寺として開いた。長島一向一揆により兵火に罹ったのを契機として門徒と共に現在地に移転し、永照寺と寺号を改めた。江戸時代前期に6世住持の等乗が発案して平方勢獅子が始まる。これは伊勢神楽の系譜が受け継がれる貴重なものとして岐阜県の無形文化財に指定されている。ただし、現在はこの芸能は平方の八幡神社に奉納されている。

明治6年(1873年)に尾張藩の藩校明倫館の聖堂を買い取り本堂として移築した。これは天明7年(1787年)に儒教の聖堂として建立されたもので、現在まで聖堂として残る貴重なものであるとして岐阜県の文化財に指定されている。

参考文献[編集]

  • 羽島市教育委員会編 『羽島市史』p157 平成11年