永瀬美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
永瀬 美穂
(ながせ みほ)
国籍 日本の旗 日本
業績
専門分野 情報工学
勤務先 産能コンサルティング
インテリジェントスクエア
ディアイスクエア
産業技術大学院大学
成果 アジャイルソフトウェア開発
コンサルティング

永瀬 美穂(ながせ みほ)は、日本ソフトウェア開発者アジャイルコンサルタント産業技術大学院大学産業技術研究科特任准教授

Scrum Regional Gathering Tokyo実行委員会委員長などを歴任した。

来歴[編集]

産能コンサルティング(のちのディアイスクエア)のソフトウェア開発者として、プロジェクトリーダやプロジェクトマネージャなどを務めた[1]。また、ウォーターフォール・モデルに基づくソフトウェア開発には属人性を排しているような面があると問題意識を持っており、アジャイルソフトウェア開発に興味を持つようになった[2]。受託したシステム開発に対して、アジャイルソフトウェア開発手法の導入を推進するとともに[3]、アジャイルソフトウェア開発のコーチングなども手掛けるようになった[1]。なお、ディアイスクエアのシステム開発本部においては、ビジネスシステム部のオープン技術グループにてグループ長などを務めた[2][4][5]

2013年にディアイスクエアを退社し[6]、独立したコンサルタントとして、アジャイルソフトウェア開発のコンサルティングを手掛けている。また、「公立大学法人首都大学東京」が設置する産業技術大学院大学においては、産業技術研究科特任准教授として教鞭を執る[7]。産業技術研究科においては、主として情報アーキテクチャ専攻の講義を担当している[8]

研究・開発[編集]

アジャイルコンサルタントとして活動するなど、アジャイルソフトウェア開発を専門としている。特に、アジャイルソフトウェア開発手法のひとつである「スクラム」については、専門書なども上梓している[9]。なお、スクラムの国際イベントの日本招致に尽力し、2013年、および、2014年の「Scrum Regional Gathering Tokyo」の実行委員会にて委員長を務めた[10]。また、ユーザ側の視点でアジャイルな開発を議論するE-AGILITY協議会では、運営委員を務めている[11][12]

著作[編集]

共著[編集]

主な論文等[編集]

  • 永瀬美穂稿「『とりあえず、生』のあなたへ」『UltimateAgileStories』iteration 1、2011年
  • 永瀬美穂稿「"Just get out there and do it"」『UltimateAgileStories』iteration 2、2012年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 永瀬美穂「スクラム提唱者から学ぶ、チームの不幸を減らすたった2つの方法」『スクラム提唱者が教える、チームの不幸を減らす方法:スクラム提唱者から学ぶ、チームの不幸を減らすたった2つの方法 (2/2) - @ITアイティメディア2011年4月13日
  2. ^ a b 「受注開発においてアジャイルの手法を導入――お客様ニーズにより即した開発を実現」『PROVISION』66号、日本アイ・ビー・エム2010年、18頁。
  3. ^ 「受注開発においてアジャイルの手法を導入――お客様ニーズにより即した開発を実現」『PROVISION』66号、日本アイ・ビー・エム2010年、19頁。
  4. ^ 『株式会社ディアイスクエア――開発スタイルに合わせて柔軟に利用できるIBM Rational Team Concertを高評価』日本アイ・ビー・エム2010年9月
  5. ^ 「株式会社ディアイスクエア――開発スタイルに合わせて柔軟に利用できるIBM Rational Team Concertを高評価」『IBM お客様導入事例 - 株式会社ディアイスクエア - Japan日本アイ・ビー・エム2011年2月2日
  6. ^ miholovesq「フリーランスになりました」『フリーランスになりました - ナイスビア珍道記2013年4月8日
  7. ^ KYOKO FUJIMOTO「受講料無料! 誰でもWeb開発者になれる、注目の大学教育プログラム『enPiT』」『受講料無料! 誰でもWeb開発者になれる、注目の大学教育プログラム「enPiT」 «  WIRED.jpコンデナスト・ジャパン
  8. ^ 「ビジネスアプリケーション科目群」『講義内容紹介|産業技術大学院大学産業技術大学院大学
  9. ^ 西村直人・永瀬美穂・吉羽龍太郎『スクラム・ブート・キャンプザ・ブック――スクラムチームではじめるアジャイル開発』翔泳社2013年
  10. ^ Scrum Gathering Tokyo 2014実行委員会「開催趣旨」『Regional Scrum Gathering® Tokyo » 開催趣旨』Regional Scrum Gathering Tokyo。
  11. ^ E-AGility協議会『E-AGILITY』。
  12. ^ 「運営委員」『E-Agility Conference』テクノロジックアート。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]