永沢光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永沢 光雄(ながさわ みつお、1959年7月14日 - 2006年11月1日)は、日本ノンフィクション作家ルポライター宮城県仙台市出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒。大阪芸術大学芸術学部文芸学科中退。

略歴[編集]

小学生の頃より作家を志す。大学中退後、劇団活動、風俗雑誌編集者を経て1988年、フリーライターとなる。主に風俗、スポーツ関連のノンフィクション作品を発表する。

1996年AV女優のインタビュー記事を一冊にまとめた『AV女優』がマスコミ各界から高い評価を受ける。作家として立つべく本格的に小説を発表し始めるも、2002年、下咽頭がんの手術で声帯を除去したためにを失う。2005年、闘病生活を綴った『声をなくして』を出版した。

大阪近鉄バファローズのファンで、雑誌「野球小僧」に野球小説を寄稿していた。

2006年11月1日、アルコールによる肝機能障害のため死去。47歳だった。

漫画家荒木飛呂彦、映画監督田代廣孝とは、東北学院榴ヶ岡高等学校の同期生である。

作品リスト[編集]

テレビ番組[編集]