永樂和全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
永楽和全から転送)
Jump to navigation Jump to search

永樂 和全(えいらく わぜん、1823年文政6年)-1896年明治29年)5月7日)は19世紀に活躍した京焼陶芸家千家十職の一つ、土風炉師・善五郎の十二代である。江戸後期を代表する陶芸家の一人永樂保全(十一代善五郎の長男で、幼名は仙太郎十二代善五郎襲名したのは1843年であり、1871年に息子の得全善五郎の名を譲って隠居し、以降は善一郎と名乗った。

1852年に義弟・宗三郎(回全)と共に仁清窯跡に御室窯を築窯し、本格的な作陶活動に入った。さらに、44歳で隠居した後も加賀大聖寺藩に招かれて山代で製陶の指導を行なうなど、精力的な活動を続けた。保全の残した負債に苦しむなどもしたが、よく後代に基盤を残した。

作品・作風[編集]

父・保全と同様、茶碗から香合、平皿など様々な作品を手掛けている。赤絵、交趾焼仁清などの写しに優れた技量を示しているのも父と共通するところである。義弟・宗三郎など工房の人材にも恵まれ、その卓越した陶技を十分に発揮して幅広い作風の作品を残した。

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 三井記念美術館 編集『永樂の陶磁器:了全・保全・和全:三井記念美術館蔵品図録』三井記念美術館(2006)