永島直昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永島 直昭(ながしま なおあき、1894年2月26日 - 1930年4月18日)は、日本の翻訳家

東京生まれ。東京外国語学校露語科中退。 武者小路実篤が主宰する新しき村の雑誌『新しき村』の編集発行人となる。

翻訳書に、ストリンドベルヒ『結婚生活』(新潮社、1921年)、クヌート・ハムズン『土地の成長』(天祐社、1921年)、バルザツク『老ゴリオ』(芸術社、1922年1月)のほか、新潮社版『ドストエフスキー全集』の翻訳にも参加している。著書に、『真実の生活』(新しき村出版部、1924年)がある。