永岡秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永岡 秀一
基本情報
ラテン文字 NAGAOKA Shūichi
原語表記 ながおか しゅういち
日本の旗 日本
出生地 岡山県岡山市
生年月日 (1876-09-17) 1876年9月17日
没年月日 (1952-11-22) 1952年11月22日(76歳没)
選手情報
階級 男子
段位 十段
2019年7月15日現在
テンプレートを表示

永岡 秀一(ながおか しゅういち、1876年明治9年)9月17日- 1952年昭和27年)11月22日)は、日本柔道家。最高位である十段位を史上3代目として授けられ「天才永岡」と呼ばれた。

人物[編集]

岡山県岡山市出身。関西における柔道の発展に尽した後、1913年5月には嘉納治五郎師範に招かれ「講道館」指南役、「東京高等師範学校」教授となり、その後、「警視庁」、「中央大学」の柔道師範も兼ねて、柔道の発展に尽した。[1]

永岡は、柔道の普及発展に特に顕著な功績のあった物故者の中から選ばれた19名のうちの一人として講道館柔道殿堂に顕彰されている。[2]

著作に「要説柔道教本」がある。

横捨身技を得意としたため『横捨身の大家』と呼ばれた。作家の志賀直哉は、1964年東京オリンピック柔道競技無差別級神永昭夫富士製鐵)がアントン・ヘーシンクオランダ)の前に敗れ去ったのを見て、「永岡さんのような(横捨身技を持つ)人だったらどうだったであろうか」とコメントしている[3]

年譜[編集]

2012年現在、講道館十段所有者は永岡を含め、15人のみである。

モデルとしたフィクション[編集]

小説
  • 『天才永岡十段』−和して流れず− 古賀残星 春歩堂 1954年(昭和29年)11月
  • 『花の講道館』村松梢風 - 明治末期の講道館を舞台にした読売新聞連載小説『近世名勝負物語』の中の一編。永岡秀一が主人公のモデル。
映画
  • 「柔道流転」(1955年 配給:新東宝) - 古賀残星の原作『天才永岡十段』を脚色した映画。二部作で続編の題名は「黒帯無双」。
  • 「黒帯無双」(1955年 配給:新東宝) - 「柔道流転」の続編で、第一部「柔道流転」と同じく古賀残星の原作『天才永岡十段』を脚色したもの。
  • 「花の講道館」(1963年 配給:大映) - 村松梢風『近世名勝負物語』の中の一編『花の講道館』の主人公のモデル。

著作[編集]

  • 『要説柔道教本』永岡秀一, 櫻庭武共著 (BA43972879) : 東京開成館, 1938年3月

脚注[編集]

  1. ^ 柔道チャンネル"講道館柔道殿堂 永岡 秀一"より。
  2. ^ "講道館柔道資料館・図書館 柔道殿堂"より
  3. ^ 村田直樹. “柔道の国際化”. 日本武道館. 2019年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]