永富映次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ながとみ えいじろう
永富 映次郎
本名 永富 熊雄 (ながとみ くまお)
生年月日 (1903-11-06) 1903年11月6日
没年月日 (1981-10-17) 1981年10月17日(77歳没)
出生地 日本の旗 日本 長崎県長崎市勝山町
死没地 日本の旗 日本 東京都北区王子
職業 映画監督脚本家編集技師文筆家
ジャンル 劇映画現代劇サイレント映画トーキー)、アニメーション映画ドキュメンタリー映画
配偶者
著名な家族 1男1女

永富 映次郎(ながとみ えいじろう、1903年11月6日 - 1981年10月17日)は、日本の映画監督脚本家編集技師文筆家である[1][2][3][4][5][6][7][8]。本名永富 熊雄(ながとみ くまお)[3]

人物・来歴[編集]

1903年明治36年)11月6日長崎県長崎市勝山町に生まれる[1][3][4]

1918年(大正7年)3月、長崎市勝山高等小学校(現在の長崎市立勝山小学校)を卒業する[1]。地元で「長崎映画研究会」を結成し活動を続けいているうちに、牛原虚彦第五高等学校(現在の熊本大学)時代の同級生の紹介を受けて1925年(大正14年)4月に東京に移り、牛原の個人的な書生になる[1]。同年9月、松竹蒲田撮影所に入社、助監督部に所属して牛原専属の助監督となる[1]。1926年(大正15年)早々、清水宏の原作をもとに執筆した脚本が採用され、清水が監督し、『真紅の熱情』の題で同年3月21日に公開される[1][5][6]。師の牛原が1930年(昭和5年)11月15日に公開された『若者よなぜ泣くか』を最後に同社を退社、アメリカ合衆国に渡ったが、帰国後の1933年(昭和8年)1月、京都の日活太秦撮影所に移籍するに際し、永富も松竹キネマを退社して牛原に同行、日活に移籍する[1]。1934年(昭和9年)、日活を退社し、トーキー専門の新しい映画会社であるゼーオー・スタヂオ太秦発声映画)に移籍する[1]。同年10月、監督に昇進して『俺は水兵』を監督、同作は翌1935年(昭和10年)1月10日に公開された[1][5][6]

1937年(昭和12年)7月、東京に戻り、大都映画に入社、ふたたびサイレント映画に携わることになる[1]。4作を監督して、同年中に朝日映画製作に移籍し、ドキュメンタリー映画に転向する[1][5][6]。1940年(昭和15年)3月1日に結婚、その後、1男1女をもうけた[1]。1941年(昭和16年)、最初の単著『新篇映画用語辞林』を上梓している[3][9]。1945年(昭和20年)8月15日の第二次世界大戦終結後、同社解散とともにフリーランスの映画監督、脚本家となる[1]。還暦を迎える1963年(昭和38年)に映画界から引退した[1][5][6]

文筆家としては、1972年(昭和47年)、駆逐艦雪風」に取材した『駆逐艦雪風 誇り高き不沈艦の生涯』(出版共同社)、1976年(昭和51年)には、『肉弾』を書いた桜井忠温に取材した『「肉弾」将軍 桜井忠温』(青葉図書)、1977年(昭和52年)2月には、「日本二十六聖人」に取材した『鮮血の十字架 日本二十六聖人殉教記』(中央出版社)をそれぞれ上梓している[1][3]

東京では東京都北区王子に居を構えた[1]1981年(昭和56年)10月17日急性肺炎のため北区王子の北病院(現在の生協北診療所、現在東十条)で死去した[2][3][4]。満77歳没[2]

フィルモグラフィ[編集]

クレジットは特筆以外すべて「監督」である[5][6]。公開日の右側には監督を含む監督以外のクレジットがなされた場合の職名[5][6]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[8][10]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

松竹蒲田撮影所[編集]

すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、配給は「松竹キネマ」、特筆以外はすべてサイレント映画である[5][6]

ゼーオースタヂオ/太秦発声映画[編集]

すべてトーキーである[5][6]

大都映画[編集]

特筆以外すべて製作・配給は「大都映画」、特筆以外すべてサイレント映画である[5][6]

朝日映画製作[編集]

特筆以外すべて製作・配給は「朝日映画製作」、すべてトーキーである[5][6]

フリーランス[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書による一覧である[14]

  • 『撮影豫定表の硏究』、『映画科学研究』第3号所収、往来社、1929年9月 - 執筆
  • 『映畫製作事務について』、『映画科学研究』第5号所収、往来社、1930年4月 - 執筆
  • 『愛國者』、ハンス・クレイリー、共訳石本純吉、『新撰映画脚本集 下巻』所収、往来社、1930年 - 翻訳
  • 『上山草人出演映畫目録』、『素顔のハリウッド』所収、上山草人実業之日本社、1930年 - 執筆
  • 『映画用語辞林』、菅書店、1941年 - 単著
  • 『新篇映画用語辞林』、菅書店、1941年 - 単著
  • 『粋人酔筆』第9号、内外タイムス社、1955年 - 寄稿
  • 『科学映画名作シリーズ 17 癌』、『科学の実験』第6巻第5号所収、共立出版、1955年5月
  • 『アイモでのぞいたジェット機』、『航空情報 Aireview 』第98号所収、酣燈社、1959年4月
  • 『駆逐艦雪風 誇り高き不沈艦の生涯』、出版共同社、1972年 - 単著
    • 改訂新版、出版共同社、1980年4月
  • 『映画半世紀』、『映画評論』第31巻第7号所収、新映画、1974年7月
  • 『「肉弾」将軍 桜井忠温』、青葉図書、1976年 - 単著
  • 『鮮血の十字架 日本二十六聖人殉教記』、中央出版社、1977年2月 - 単著
    • 『日本二十六聖人殉教記』、サンパウロ、1997年1月 ISBN 4805665211

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an キネマ旬報社[1980], p.285.
  2. ^ a b c 朝日[1990], p.349.
  3. ^ a b c d e f 永富, 映次郎, 1903-1981国立国会図書館、2013年4月5日閲覧。
  4. ^ a b c 永富映次郎jlogos.com, エア、2013年4月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 永富映次郎日本映画データベース、2013年4月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 永富映次郎永富映治郎、日本映画情報システム、文化庁、2013年4月5日閲覧。
  7. ^ a b c d 永富映次郎日活データベース、2013年4月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h 永富映次郎東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年4月5日閲覧。
  9. ^ 新篇映画用語辞林、国立国会図書館、2013年4月5日閲覧。
  10. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年4月5日閲覧。
  11. ^ 勝太郎小守唄衛星劇場、2013年4月5日閲覧。
  12. ^ フィルムで見る20世紀の日本、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年4月5日閲覧。
  13. ^ 日本アニメーション映画史、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年4月5日閲覧。
  14. ^ 永富映次郎、国立国会図書館、2013年4月5日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]