永吉佑也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永吉佑也
YUYA Nagayoshi
Nagayoshi yuuya.jpg
京都ハンナリーズ  No.43
ポジション PF/C
背番号 43
身長 198cm (6 ft 6 in)
体重 115kg (254 lb)
血液型 O
基本情報
本名 永吉佑也
愛称 ごっつぁん、よっさん、ナガ、冷蔵庫
ラテン文字 YUYA Nagayoshi
日本語 永吉佑也
誕生日 (1991-07-14) 1991年7月14日(28歳)
日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
ドラフト  
選手経歴
2014-2016
2016-2017
2017-
東芝ブレイブサンダース神奈川
川崎ブレイブサンダース
京都ハンナリーズ

永吉 佑也(ながよし ゆうや、1991年7月14日 - )は、鹿児島県出身のバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード/センター。身長198cm、体重115kg。京都ハンナリーズ所属。


来歴[編集]

鹿児島市立緑丘中学校在校時の2005年と2006年、ジュニアオールスターに出場。

2007年4月に延岡学園高校に進学し、1年生時より全国大会出場。3年次のインターハイでは決勝で福岡第一に僅差で敗れて準優勝。

2010年4月、青山学院大学に進学。2012年全日本大学選手権優勝などに貢献した。

2014年4月、東芝ブレイブサンダース神奈川に加入。

2016年9月にチームがプロ化し、「川崎ブレイブサンダース」が発足。プロ契約を果たす。

2017年6月、京都ハンナリーズへ移籍する。

2018年8月、ジャカルタでの第18回アジア競技大会の期間中の問題行動により、1年間(2018年8月29日~2019年8月28日)の公式試合への出場権はく奪に加え、所属する京都ハンナリーズより、出場停止期間中の減俸(出場停止期間中の報酬は、B1リーグ最低年俸(300万円)を日割りした金額とする)と、出場停止期間中の社会奉仕活動への無期限従事の処分が発表された。

2019年4月11日、裁定委員会から日本バスケットボール協会に復権が妥当とする答申が出され、協会の理事会での決議を経て、永吉の処分解除が決まった。

経歴[編集]

  • 延岡学園高校 - 青山学院大学 - 東芝/川崎ブレイブサンダース - 京都ハンナリーズ

日本代表歴[編集]

2008年、高校2年生時にU-18日本代表に選ばれ、アジアU-18選手権に出場。2011年、大学2年生時にユニバーシアード日本代表に選出。

大学3年生時の2012年は、8月にウィリアム・ジョーンズカップ日本代表に選出[1]。9月、FIBAアジアカップでは故障者が出たため永吉が追加招集されメンバー入りし準優勝。

2013年、5月の東アジア選手権で3位。

2017年、6月に長野で開催された東アジア選手権で3位。

2018年、8月 第18回アジア競技大会 日本代表

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
NBL 2014-15 東芝神奈川 51 12.1 .397 .280 .638 1.7 0.4 0.2 0.1 0.5 2.7
NBL 2015-16 東芝神奈川 54 29 15.7 .438 .200 .511 2.4 0.9 0.5 0.1 0.5 3.3
B1 2016-17 川崎 60 1 15.1 .532 .400 .795 2.1 0.7 0.2 0.1 0.4 4.5
B1 2017-18 京都 57 56 26.5 .411 .343 .681 3.9 1.6 0.5 0.2 1.2 8.2
B1 2018-19 京都 4 0 24.2 .600 1.000 ..571 4.2 1.2 1.0 0.8 0.2 7.5

エピソード[編集]

  • 2018年3月31日に行われた琉球ゴールデンキングスとのB1リーグ第26節において、自身がアンスポーツマンライクファールを宣告された際に、判定を下した審判員にブーイングするように観客を扇動したことで、2試合の出場停止処分が下された。Bリーグの懲罰規定第5条によると、選手等が審判に対する侮辱や公然の批判行為を行った場合、最低2試合の出場停止処分が下されることになっている[2]。永吉は自身のTwitterをとおして「今回の一件でご迷惑をおかけした人に、深くお詫び申し上げます。今回の処分がなければ、私は同じことをまた繰り返し、見に来てくれた方の誰かに再び、不快な思いをさせていたかもしれません」「今回の処分で私は学び、自分の今後のキャリアにおいてレベルアップに繋げていかなければなりません。滋賀でのゲームに出れませんが、私はチームメイトを信じてます。私が戦えない分、チームをプッシュしてください」と謝罪した[2]
  • 2018年8月、ジャカルタでの第18回アジア競技大会の期間中に、他の3選手と共に代表選手団のウェアを着用したまま歓楽街買春行為を行っていたことが発覚。行動規範の違反により、他の3選手と共に日本選手団の認定を取り消され帰国した[3][4]。処分として日本バスケットボール協会より1年間(2018年8月29日~2019年8月28日)の公式試合への出場権はく奪に加え、所属する京都ハンナリーズより、出場停止期間中の減俸(出場停止期間中の報酬は、B1リーグ最低年俸(300万円)を日割りした金額とする)と、出場停止期間中の社会奉仕活動への無期限従事の処分が発表された[5]。永吉は処分期間の1/2である半年が経過した時点でJBAの裁定委員会に復権申し立てを行い、裁定委員会から日本バスケットボール協会に復権が妥当とする答申が出され、協会の理事会での決議を経て、処分解除が決まった[6]。永吉は元々は1年の公式試合出場はく奪を全うした上で復帰をする意思であったが、お世話になっている人たちの早期復帰を望む声に後押しされて、半年間での復権申し立てをしたことを明かている[7]。またこれまでの自分への反省として「今までは自分のことしか考えていなかったり、ちゃんとした生活をしていなかったり、もちろん試合でも自分勝手なことをやったり、ファンの気持ちを考えずに対応したり、思い返せばそういうことがありました。」と述べており[7]、「あれから永吉佑也は変わったと証明できるのなら、それはチャレンジしたいです。」と、日本代表への復帰を含め、再起を図る心情を語っている[7]

脚注[編集]

  1. ^ ハヤブサジャパン 平成24年度男子日本代表チーム 第34回男子ウィリアム・ジョーンズカップ参加”. 2012年8月22日閲覧。
  2. ^ a b バスケットボールキング 2試合出場停止処分を受けた京都ハンナリーズの永吉佑也「今後のレベルアップにつなげていく」”. 2018年3月31日閲覧。
  3. ^ 日刊スポーツ - 橋本拓哉「国旗に泥を」今村佳太「うぬぼれあった」2018年8月20日21時55分”. 2018年8月21日閲覧。
  4. ^ バスケ代表の4人、帰国処分に 公式着で女性とホテルジャカルタ=照屋健、中小路徹 2018年8月20日11時32分”. 2018年8月21日閲覧。
  5. ^ 第18回アジア競技大会開催中の永吉選手のJOC行動規範に抵触する行動に関する弊クラブ処分について”. 2018年9月24日閲覧。
  6. ^ 永吉佑也、橋本拓哉、佐藤卓磨、今村佳太の処分解除が決定、すぐに試合出場可能”. 2019年5月3日閲覧。
  7. ^ a b c 京都ハンナリーズ永吉佑也、どん底からの贖罪と再生「変わったことを証明したい」”. 2019年5月2日閲覧。

関連項目[編集]