永作芳也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永作 芳也(ながさく よしなり、1955年9月27日[1]- )は、元・将棋棋士。将棋棋士時代は加藤恵三八段門下であり、棋士番号は139であった[2][注釈 1]茨城県行方郡麻生町(現・行方市)出身[1][3]

経歴[編集]

  • 将棋は小学校2,3年で覚えたが、プロを志したのは高校2年生になってからだった[2]。奨励会入会は18歳で6級と非常に遅いスタートであった[2][注釈 2]。1年余りで5級に昇級すると、その後2年で初段(入品)。初段・二段を半年あまりで通過して1977年11月に三段となる。三段では2年あまり指し、1979年10月3日に良い所取り13勝3敗で四段昇段を決めた[4]
  • 努力家で、いつも棋譜並べをしていたことから、奨励会の先輩からは半ば揶揄気味に「盤を耕す田吾作」と評されていた[2][5]
  • 四段昇段後の翌年の若獅子戦では、準決勝進出も大島映二に敗れる。順位戦C級2組では、1982年の41期に開幕から2連敗もその後8連勝し、10戦全勝の脇謙二塚田泰明に次ぐ成績を上げるも、順位差で同星の児玉孝一に頭ハネを食らう。次期は1位で開幕を迎えるも6勝4敗に終わり、1988年の引退まで順位戦C級2組の昇級に絡むことはなかった[6]
  • 1982年5月18日、オールスター勝ち抜き戦谷川浩司と対局し、追い詰めるものの敗れる[7](谷川は6連勝で優勝)。同年には師匠の加藤恵三八段が死去している[6][7]
  • 1986年5月9日、棋聖戦1次予選3回戦で森下卓に勝利し、勝数規定により五段昇段[8][7]
  • 1987年度NHK杯テレビ将棋トーナメントで本戦出場を果たし、1回戦で羽生善治と対戦。熱戦の末敗れる[2][7]
  • 1988年、現役を引退すると同時に日本将棋連盟を退会し、棋士の身分を放棄した[2][注釈 3]。最終対局は小阪昇との順位戦C級2組の最終局で、これに勝利し3勝7敗で終えたが、順位差で降級点がつかず、降級点なしでの引退であった。当時は「名人になるため棋士となったが、自分の実力では名人になれないと悟ったので棋士を辞めた」と伝えられたが[11]、実際は理由はほかにもあり、将棋界以外にも興味があった旨を2017年の取材で答えている[3][7]
  • 2017年現在は潮来市に住み、保険代理業を営んでいる[2]。2017年7月に、行方市内の公共施設で子供向けの将棋教室を開講した[12]。棋士を辞してから30年間、将棋と離れていたが、藤井聡太の活躍に触発されるところがあったためという[3][7]。2018年11月の時点では、行方市内の他に神栖市内などを加え、茨城県内の4か所で将棋教室を開いている[13]
  • 2018年11月1・2日に第31期竜王戦第3局が、永作の居住地からほど近い鹿島神宮で行われた際、2日目に関係者控室を訪れた[13]。対局前日(10月31日)の前夜祭にも顔を出し、旧知の仲である羽生(竜王)や中村修(対局立会人)らと久々に顔を合わせた[13]

昇段履歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 将棋の棋士・女流棋士は、現役を引退しても、公式戦出場資格を失う以外は身分に変化がない。現役引退後に日本将棋連盟などの所属団体を退会した場合に、棋士(女流棋士)の身分を放棄することとなる。永作の日本将棋連盟からの退会により、棋士番号139は欠番となっている[3]
  2. ^ 2017年現在、6級入会は15歳が年齢制限であり、18歳は3級以上でなければ受験できない。
  3. ^ 2017年現在、棋士が日本将棋連盟を退会したのは、棋士番号の制定(1977年)以降では永作が唯一の事例。永作以外には間宮純一[9]斎藤銀次郎[9]長谷川清二郎[10]市川伸[10]が退会しているが、この4名の退会時期はいずれも棋士番号制定以前である。女流棋士では、林葉直子石橋幸緒など現役引退後に所属団体を退会した例がある。

出典[編集]

  1. ^ a b 『現代日本人名録』1987年、中(け-な) p1611
  2. ^ a b c d e f g 松本博文 (2017年8月3日). “30年前に姿を消した『伝説の棋士』永作芳也の消息が明らかに。「相手を突き落としても...」勝負哲学を語る”. ハフポスト. 2019年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月3日閲覧。
  3. ^ a b c d “元プロ棋士、夢託す 藤井四段活躍に触発”. 茨城新聞. (2017年7月21日). オリジナルの2017年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170721032643/http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15005486569650 2017年7月21日閲覧。 
  4. ^ a b c 近代将棋 1980年1月号 永作芳也記事より
  5. ^ 盤を耕す - 日本将棋連盟飛騨支部
  6. ^ a b 近代将棋 1983年2月号 永作芳也記事より
  7. ^ a b c d e f 松本博文 (2017年8月3日). “藤井四段を目指す子供たちを育てたい...指導者として蘇った「伝説の棋士」永作芳也の棋士人生をたどる”. ハフポスト. 2019年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月21日閲覧。
  8. ^ 週刊文春 1987年4月23日号 永作芳也記事より
  9. ^ a b 加藤治郎原田泰夫田辺忠幸「連盟を守るためつらい決断」『証言 将棋昭和史』毎日コミュニケーションズ、1999年、177-179頁。ISBN 978-4839902551
  10. ^ a b 棋士系統図”. 日本将棋連盟. 2019年8月16日閲覧。(図中で名前に▲印のある棋士が退会者。)
  11. ^ 週刊将棋 1988年4月23日
  12. ^ こども将棋教室”. 行方市地域ポータル「なめがた日和」. 2017年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月21日閲覧。
  13. ^ a b c “永作芳也さん来訪”. 竜王戦中継ブログ(日本将棋連盟. (2018年11月2日). オリジナルの2019年1月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190102200250/http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/2018/11/post-0904.html 2019年1月2日閲覧。 
  14. ^ 将棋世界 1986年7月号

参考文献[編集]