永井和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井 和子(ながい かずこ、1955年 - )は、日本のメゾソプラノ歌手。長野県岡谷市出身。東京芸術大学教授。

国立音楽大学声楽科卒業後、同大学院音楽研究科声楽専攻(オペラコース)終了。文化庁オペラ研修所第4期終了。1987年サントリーホールオープン記念として行われた、フィルハーモニア管弦楽団による「蝶々夫人」のスズキ役として指揮者ジュゼッペ・シノーポリに抜擢され、絶賛を博した。これにより海外へも活躍の場を広げ、ベルリン、ローマ、ヴェネツィア、ロンドンなどでオペラ歌手として活躍、また国内においても数多くのオペラに出演、高い評価を得ている。

一方、コンサート歌手としても各地で精力的な活動をしている。第1回川崎静子賞、第19回民音コンクール声楽第1位、第1回グローバル東敦子賞、第2回村松賞などを受賞している。現在、東京芸術大学教授として音楽教育にあたっているほか、2006年、日本歌曲を収録したCD「赤とんぼ」をリリースした。