永井作次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永井作次

永井 作次(ながい さくじ、1871年12月21日明治4年11月10日[1]) - 1930年昭和5年)6月5日)は、日本の政治家、法律家、実業家。衆議院議員鹿児島座社長、鹿児島電気常務。

略歴[編集]

1871年(明治4年)11月に宮崎県北諸県郡で生まれる。1894年(明治27年)、和仏法律学校(現・法政大学)邦語法律科を卒業する。

鹿児島地方裁判所検事・鹿児島区裁判所検事をつとめ、退官後弁護士となる。

鹿児島座1912年大正1年)完成、1913年(大正2年)1月1日開場)の社長に就任する。

鹿児島市会議員をへて、1920年大正9年)に第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選する(以後2回当選、政友会)。

1930年(昭和5年)6月5日に死去、享年60。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、34頁。

参考文献[編集]