氷砂糖資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 氷砂糖資料館
施設情報
管理運営 中日本氷糖
開館 1995年1月
所在地 503-0401
岐阜県海津市南濃町津屋2812-100
位置 北緯35度15分25.7秒
東経136度33分35.1秒
座標: 北緯35度15分25.7秒 東経136度33分35.1秒
外部リンク 氷砂糖資料館
プロジェクト:GLAM

氷砂糖資料館(こおりざとうしりょうかん)は、岐阜県海津市にある中日本氷糖株式会社の企業博物館である。

中日本氷糖が氷砂糖のシェアでは日本トップクラスであることから、氷砂糖を中心に砂糖に関わる資料を展示した博物館である。

概要[編集]

  • 中日本氷糖が創業100周年[1]を記念して、1995年(平成7年)に南濃工場内に開館。
  • 見学は電話、ファックス、メールによる事前予約が必要。
  • 砂糖の歴史や氷砂糖の製造方法、世界の氷砂糖の展示がされている。
  • 予約時に申し込めば、綿菓子作りの体験や工場見学が出来る。また、毎年6月頃には、中日本氷糖の所有する梅園(南濃梅園)で狩りをし、梅シロップ梅酒作りの体験ができる。

利用案内[編集]

  • 開館時間 - 10:00 - 16:00
  • 休館日 - 毎週土日曜日、祝日、工場の休業日
  • 入館料 -
    • 大人:300円
    • 学生(小学生から高校生):150円

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1885年創業。但し、会社としての設立は1947年である。

外部リンク[編集]