水防法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
水防法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和24年6月4日法律第193号
効力 現行法
種類 行政法
主な内容 水防などについて
関連法令 環境法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

水防法 (すいぼうほう、昭和24年6月4日法律第193号)は、洪水又は高潮に際し、水災を警戒し、防御し、及びこれに因る被害を軽減し、もつて公共の安全を保持することを目的として制定された日本法律である。

構成[編集]

  • 第1章 総則
  • 第2章 水防組織
  • 第3章 水防活動
  • 第4章 指定水防管理団体の組織及び活動
  • 第5章 水防協力団体
  • 第6章 費用の負担及び補助
  • 第7章 雑則
  • 第8章 罰則
  • 附則

関連項目[編集]

外部リンク[編集]