水野幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 幸男(みずの ゆきお、1929年7月16日 - 2003年1月24日)は、元情報処理学会会長・NEC副社長である。藍綬褒章受章者。

日本の情報処理分野に対し、先駆的に多くの技法・技術・技能を持ち込み、情報処理分野の発展につくし、日本の情報処理分野の父といわれる。日本の汎用機黄金期及び情報システム構築法の基礎を築いた点から、没後に富士通の池田敏雄・NECの水野幸男の双璧として譬えられることも多い。

経歴[編集]

なお、阪大MACの研究などでNTT中央研究所(現NTT先端研究所)の研究者との共同開発などが多い。(現NTTデータの前身のデータ通信処理事業本部ではない)

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース