水野博介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 博介(みずの ひろすけ、1950年 - )は、日本コミュニケーション論メディア論の研究者である。埼玉大学教養学部教授。

専門分野はコミュニケーション論社会心理学、情報生活論。1993年に、情報化する生活システム全体の中での諸メディアの位置付けと効果・影響を総合的にとらえる「情報生活論」を提唱した。

略歴[編集]

  • 1973年 埼玉大学教養学部教養学科卒業
  • 1975年 東京大学大学院社会学研究科博士前期課程修了
  • 1979年 東京大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得満期退学
  • 1979年 桃山学院大学専任講師
  • 1981年 桃山学院大学助教授
  • 1985年 埼玉大学教養学部助教授
  • 1993年 埼玉大学教養学部教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 『メディア・コミュニケーションの理論』、学文社、1998年

共著[編集]

  • 「未来を予見する情報行動」(川上善郎編『情報行動の社会心理学』、北大路書房、2001年)
  • 「広告調査の手法」(山本武利編『現代広告学を学ぶ人のために』、世界思想社、1998年)
  • 『情報生活とメディア』、北樹出版、1997年
  • 「ライフスタイルと家庭情報環境の変化」(児島和人他編『変わるメディアと社会生活』、ミネルヴァ書房、1996年)
  • 「「生活システム」と「ライフスタイル」」(『情報行動と地域情報システム』、東京大学社会情報研究所、1996年)
  • 「メディアシステム依存理論」、『マス・コミュニケーション効果研究の展開』、123‐131頁、北樹出版、1992年
  • 「ニューメディアと家庭生活」(竹内郁郎他編『ニューメディアと社会生活』、東京大学出版会、3章、1990年)
  • 「コミュニケーションの効果と機能」、「マス・コミュニケーションの影響」、『コミュニケーション論』林進編、81-161頁、有斐閣Sシリーズ、1988年

翻訳[編集]

論文[編集]

単著[編集]

  • 情報化社会における女性と政治社会の距離―男女格差パースペクティブを超えるために」,『情報行動と地域情報システム』, 東京大学出版会, 1996
  • 「情報生活論序説」,『マス・コミュニケーション研究』,日本マス・コミュニケーション学会,42, 1993
  • 「文化指標研究と涵養効果分析:そのアイディア・発展・現状と評価」,『新聞学評論』,日本マス・コミュニケーション学会,40, 1991
  • 「「転向」の社会心理学的研究序説―思想の構造と変化のメカニズムという視点から」,『年報社会心理学』, 25, 1984
  • 「「説得」の効果生成過程における「思考」の役割」,『桃山学院大学社会学論集』, 17(1), 1983
  • 「「活字離れ」論ノート」,『桃山学院大学社会学論集』, 14(1), 1980
  • 「桃山学院大生の意識と行動:ギャング・サーベイ結果の報告」,『桃山学院大学社会学論集』, 13(2), 1980
  • 「「江川問題」の新聞報道とその影響(上) 新聞の意見形成力を中心に」,『桃山学院大学社会学論集』, 13(2), 1980
  • 「子どもがテレビから得ている充足について」,『年報社会心理学』,18,1977

共著[編集]

  • 「家族とテレビ:その歴史的ダイナミズムを考える」,『マス・コミュニケーション研究』, 日本マス・コミュニケーション学会, 56, 2000
  • クリントン大統領のキャンペーン・コミュニケーション:選挙と政権運営における世論戦略とメディア利用」,『マス・コミュニケーション研究』,日本マス・コミュニケーション学会, 56, 2000
  • 「日米中関係をめぐる世論とマスメディア」,『慶應義塾大学新聞研究所年報』, 47, 1997
  • 「テレビ画面の新しい利用法とその社会的意味」,『新聞学評論』,日本マス・コミュニケーション学会,39, 1990
  • 「マス・コミュニケーション理論の再検討」,『新聞学評論』,日本マス・コミュニケーション学会, 38, 1989
  • 「「余震情報パニック」の実態―下田市の事例を調査・分析」,『新聞研究』, 321, 1978

外部リンク[編集]