水谷真人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水谷 真人(みずたに まさと、1967年8月12日 - )は、大阪市出身の文芸批評家

略歴[編集]

東京大学理学部物理学科卒業、大阪大学大学院言語文化研究科修士課程修了。1999年、「批評と文芸批評と」が第42回群像新人文学賞評論部門の優秀作に選ばれる。 理論的な批評に現代性が加わり、一部に根強い読者を持っている。

主な評論[編集]

著書[編集]

  • 「批評と文芸批評と--小林秀雄『感想』の周辺」(試論社、2007年)
  • 「名作はこのように始まるⅡ」(分担執筆:アルベール・カミュ異邦人」を担当、ミネルヴァ書房、2008年)
  • 「暴力への時間 小説への力学--初期遠藤周作の方法について」(試論社、2010年)