水虫の唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水虫の唄
ザ・フォーク・クルセダーズシングル
初出アルバム『紀元弐阡年
B面 レディジェーンの伝説
リリース
規格 EP
ジャンル J-POP
レーベル エキスプレス
チャート最高順位
ザ・フォーク・クルセダーズ シングル 年表
悲しくてやりきれない
(1968年)
水虫の唄
(1968年)
ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎
さすらいのヨッパライ
何のために
(1968年)
テンプレートを表示
水虫の唄
カメ&アンコーシングル
B面 海は恋してる
リリース
規格 EP
ジャンル J-POP
レーベル CBS・ソニーレコード
チャート最高順位
カメ&アンコー シングル 年表
水虫の唄
(1969年)
ひとりぼっちの唄
1971年
テンプレートを表示

水虫の唄(みずむしのうた)は、日本のフォークソング

概要[編集]

ザ・フォーク・クルセダーズ1968年7月1日にアルバム『紀元弐阡年』の先行シングルとして発売した。彼らは曲に合わせていろいろな名前を使い分け、このシングルは「ザ・ズートルビー」という名前で発表した。

1969年7月21日ニッポン放送オールナイトニッポンの人気パーソナリティだった、カメこと亀渕昭信と、アンコーこと斉藤安弘で組んだデュエット「カメ&アンコー」にカバーされ、CBS・ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)から発売された。カメ&アンコー版の累計売り上げ枚数は公称21万枚。

当時の甘ったるいラブソングへのアンチテーゼとして水虫と言う材料を混ぜ、さらにクラシックの旋律(前奏の部分ではベートーヴェン交響曲第6番『田園』の第1楽章冒頭部(第1主題)、曲のサビのところではメンデルスゾーンのピアノ曲『春の歌』(『無言歌集』の中で最も有名な曲))を取り入れパロディ色を強め、高度な反骨メッセージをこめたユーモア・プロテストソングである。

この曲は神戸のポート・ジュビリーのライブコンサートで活躍していた甲南大生を中心としたフォークバンドのThe Spirits Of Falls(山田進一、菅尾 示、高原杏子、山内十三男、上島隆夫)のオリジナル曲であり、当時のラジオ関西で流されリクエストが集中しそれを京都中心に活躍していたフォークルがレコード化した、昭和43年度に東芝レコードからシングルとして発売され同年度のヒット賞を受賞した。

収録曲[編集]

ザ・フォーク・クルセダーズ版(EXPRESS EP-1109)[編集]

  1. 水虫の唄
    作詞・作曲:山田進一、補作詞:足柄金太、補作曲:河田藤作
  2. レディジェーンの伝説
    作詞:足柄金太、作曲:河田藤作

カメ&アンコー版(CBSソニー SONA-86055)[編集]

A面・B面共に、原曲にはない台詞が追加されている。

  1. 水虫の唄
    作詞・作曲:山田進一、補作詞:足柄金太、補作曲:河田藤作
  2. 海は恋してる
    作詞:垣見源一郎、作曲:新田和長。ザ・リガニーズのカバー。

ザ・ズートルビー[編集]

ザ・ズートルビー(THE ZOOTOLVY)は、ザ・フォーク・クルセダーズの変名である。「種子島出身のビートルズのコピーバンド」という設定で活動した。ずうとるびとは無関係。なお、河田藤作は加藤和彦であり、足柄金太は北山修である。また、4人組という設定なのでジャケットには4人写っているが、顔の見えないもう1人はハレンチのジャケットイラストを手がけたイラストレーターの広野勝である。

ザ・ズートルビー名義で発表した楽曲は、「水虫の唄」と「レディジェーンの伝説」のみである。

関連項目[編集]