水波風南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水波風南
生誕 11月12日
日本の旗埼玉県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1999年 -
ジャンル 少女漫画恋愛漫画学園漫画
代表作 今日、恋をはじめます
公式サイト AQUA RICH
テンプレートを表示

水波 風南(みなみ かなん、11月12日[1] - )は、日本漫画家埼玉県出身[1]血液型はAB型[1]

来歴[編集]

1999年、第44回小学館新人コミック大賞少女・女性部門佳作を受賞。 同年、小学館の『少女コミック』増刊8月15日号にて掲載された、「実のある“彼女”」でデビュー[1]

2002年、『真珠の鎖』で初連載後、同年『レンアイ至上主義』を連載。2003年には同作でデジタルコミックDVDが発売された。

2004年、『蜜×蜜ドロップス』連載。同作はコミックス累計発行部数が120万部を突破し、OVA化、テレビゲーム化(プレイステーション2用ソフト)された。

2008年、『今日、恋をはじめます』連載。同年『Sho-Comi』本誌6号・付録ではドラマCD化、2010年にコミックス限定版としてアニメ化される。コミックスでは累計発行部数が800万部を突破し[2]、この作品で水波風南単行本累計発行部数1000万部を突破[3]する大ヒットとなり、2012年には武井咲松坂桃李主演で映画化が決定したことが告知された。

人物[編集]

デビュー前は自身が小学校6年生の頃、『りぼん』(集英社)に作品を投稿した経験がある[4]

影響を受けた人物として同じ小学館漫画家、北川みゆきを挙げており、それまで『りぼん』を愛読していた水波が北川の『気まぐれシリーズ』を読んだことから衝撃を受け、『少女コミック』を買うきっかけとなったと語っている[5]。 それから数年後、北川と同じ『少女コミック』でデビューとなるが、その頃には既に北川が他誌(同じく小学館の『Cheese!』)へと移籍していた。しかし後日会う機会があり、その時に北川から貰ったサインを宝物にしている[6]

私生活では2007年に結婚した[7]

作風[編集]

セックスシーンが多い、性的暴力をイメージさせる作品が多いが、2001年に発表した『虚構神話〜セカンドレイプ〜』[8]においては、男性に性的暴力を受けた女子高生の苦しみや葛藤を描いていた。しかし、2003年に発表した『純愛講座ケモノ仕様』[9]においては、主人公が幼馴染の少年に性的暴行を受けたことを受け入れ、その少年が恋人となるという筋立てを描くという180度違ったスタンスの漫画を描いている。[10]

また、カラー掲載時には『Sho-Comi』誌上で「美麗カラー」などと記載されることが多いが、近年では特にデジタル(いわゆる「デジ絵」)が普及される中、自身のアナログでの作業に限界を感じており、ここ6年くらいは「今まで培ってきた技術はたいして必要なかったのかも」と闘う日々だったと語っている[11]

刊行作品[編集]

オムニバス作品[編集]

  • LOVE&SEX
  • LOVE&BEAST
  • してわがままH
  • 純愛〜もっと求めたい
  • 猫彼クール

その他[編集]

  • 蜜×蜜ドロップス LOVE×LOVE HONEY LIFE ビジュアルファンブック
  • 蜜×蜜ドロップス 公式ファンブック
  • 今日、恋をはじめます〜Diary〜
  • 今日、恋をはじめます 公式ファンブック

原作:水波風南・著:高瀬ゆのか

  • 今日、恋をはじめます 初恋のプレリュード
  • 今日、恋をはじめます 運命は君の手の中に

挿絵・イラスト[編集]

  • 茉莉花は月夜に微笑む–新・舞姫恋風伝–(著:深山くのえ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Sho-Comi漫画家情報(2011年7月27日閲覧)
  2. ^ 小学館:コミック「今日、恋をはじめます」15巻(2012年4月16日閲覧)
  3. ^ 小学館:コミック(2012年4月16日閲覧)
  4. ^ 『レンアイ至上主義』のコミックスによる。
  5. ^ AQUA RICH「夢心地・2」(2012年4月16日閲覧)
  6. ^ AQUA RICH「夢心地・3」(2012年4月16日閲覧)
  7. ^ 『今日、恋をはじめます』第1巻による。
  8. ^ 掛け値なしのLOVE取引 ISBN 4091354211
  9. ^ 飼育姫 ISBN 4091307051
  10. ^ この部分について、水波は、「『純愛講座ケモノ仕様』。夏の別冊ふろくといったらこれっきゃない!!と意気込んで創りました。ある意味、ちょうど2年前に描いた『虚構神話』と対極の内容なので、読者様の反応が心配だったりしてます(汗)。」と少コミネットの水波のメッセージバックナンバー[1]vol.7 2003年8月5日 で述べている。
  11. ^ AQUA RICH「アナログ限界」(2012年4月16日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]