水林彪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水林 彪(みずばやし たけし、1947年12月11日 - )は、日本の法学者東京都立大学名誉教授早稲田大学特任教授。専門は日本法制史。2004年から法制史学会代表理事。第19期日本学術会議会員。第20期日本学術会議連携会員。日本法社会学会理事。民主主義科学者協会法律部会理事。比較家族史学会、日本史研究会会員。

最近の論文「近代民法の本源的性格―全法体系の根本法としてのCode civil―」(『民法研究』第5号、2008年)、「近代憲法の本源的性格—société civileの基本法としての1789年人権宣言・1791年憲法—」(戒能通厚・楜澤能生編『企業・市場・市民社会の基礎法的考察』日本評論社、2008年)をめぐって、憲法学から賛否両論の反応があった。前者として、山元一「〈法構造イメージ〉における憲法と民法」(法学セミナー646号、2008年)、後者として、高橋和之「私人間効力論再訪」(ジュリスト1372号、2009年)。民法学では、山本敬三「憲法・民法関係論の展開とその意義―民法学の視角から」(法学セミナー646号、2008年)が水林論文に言及した。

来歴[編集]

単著[編集]

  • 『日本通史2 封建制の再編と日本的社会の確立』(山川出版社、1987年
  • 『記紀神話と王権の祭り』(岩波書店、1991年)
  • 『天皇制史論 本質・起源・展開 』(岩波書店、2006年)
  • 『国制と法の歴史理論 比較文明史の歴史像』創文社 2010

共編著[編集]

論文[編集]

(過去3年以内に発表した主要なもの)

  • 「土地所有秩序の変革と「近代法」」(『日本史講座』8、東京大学出版会、2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 早稲田大学法学部 教員紹介. “水林彪 ”. 早稲田大学法学部. 2013年1月9日閲覧。