水本光任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水本 光任(みずもと みつと、Mituto Mizumoto、1914年12月30日 - 1991年11月16日)は、ブラジルの新聞経営者。

概略[編集]

1914年大正3年)12月30日熊本県下益城郡海東村(現・宇城市)に生まれる。海東高等小学校卒業。1929年昭和4年)村議を務めていた父をはじめ家族でブラジルへ移住する。

耕地での労働、山から切り出した木の炭焼き、法律事務所で日本人移住者の相談相手、書類の代書などの後、1946年(昭和21年)サンパウロ新聞を創刊し、戦後ブラジル日系社会をゆさぶった「勝ち組」「負け組」論争の収束に大きく貢献する。以後、サンパウロ新聞を海外最大の邦字新聞に育て上げた。紙は2011年(平成23年)に創刊65周年を迎え、読者はブラジルのみならず、アルゼンチンボリビアパラグアイの一部に広がっている[1]

妻は和歌山県出身の移民1世水本みゑ。1977年(昭和52年)第25回菊池寛賞1991年(平成3年)ブラジル民間人最高位のリオ・ブランコ国家勲章を受賞。1991年(平成3年)11月16日、76歳で死去[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小川町史編纂委員会編纂「小川町史」小川町役場(熊本県)、1979年
  2. ^ 日外アソシエーツ「熊本県人物・人材情報リスト2007」

参考文献[編集]

  • 山田智彦著「遠い架橋―小説水本光任伝」毎日新聞社、1988年

外部リンク[編集]