水文気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水文気象学(すいもんきしょうがく、Hydrometeorology)は、蒸発大気循環による水蒸気の移動、降雨などを通して大気を移動するを研究する[1][2]気象学の応用分野であり、水文学の一分野でもある。陸域の水循環を扱う水文学と大気現象を扱う気象学の融合分野[3]水理気象学(すいりきしょうがく)とも[4]

概要[編集]

水文学者は、必要に応じて気象学者らによって提供されたデータを利用する[5]。例えば、気象学者が特定の地域で2〜3インチ(51〜76 mm)のを予測し、水文学者はその雨が特定の地域の地形に与える影響を予測することがある[6]

ユネスコには、水文気象学的起源の自然災害の研究とその影響の緩和に対処する、プログラムや活動が複数ある[7]。前述の災害の例としては、自然のプロセスや洪水熱帯低気圧干ばつ砂漠化などの大気水文、または海洋の現象などによる結果として発生するものがある。多くの国は、これらの発生する危険の予測、警告、および公衆への通知を支援するため、運用上の水文気象学的能力を確立している。

水文気象予報[編集]

水文気象学のより重要な側面の1つは、大雨に関する予測とその影響を軽減する試みである[8]天気予報気象現象をモデル化するには、ナウキャスティング英語版数値予報、統計手法など、3つの主要な方法がある[9]。ナウキャスティングは、観測とライブレーダーデータを利用して数値予報モデルと組み合わせることで、数時間後の天気を予測するのに適している[9]。天気予報に使用される主要な手法である数値予報では、数学モデルを使用して、予報を作成するときに大気、海、およびその他の多くの変数を考慮する[9]。これらの予測は通常、数日または数週間の天気を予測するために使用される[9]。統計手法では、回帰やその他の統計手法を利用して、一度に数週間から数か月かかる長期予測を作成する。これらのモデルにより、科学者は多数の異なる変数が互いにどのように相互作用するかを視覚化でき、地球の気候がそれ自体とどのように相互作用するかについての1つの全体像を示す[9][10]

リスクアセスメント[編集]

水文気象学の主要な要素は、洪水やその他の水文学的脅威に関連するリスクを軽減することである。まず、特定の地域内で予想される水文学的脅威の可能性についての知識が必要となる[9]。考えられる脅威を分析した後、警告システムを導入して、人々に迅速に警告し、脅威の身元と規模を伝える[9]。多くの国には、脅威を国民に伝える独自の地域水文気象センターがある。また、危険な出来事の際に一般市民を保護するための適切な対応手順も必要となる[9]

実際の運用水文気象学[編集]

アメリカの気象センターによって生成された1909年のベラスコ・ハリケーン英語版の降雨予報

現在運用中の水文気象サービスを提供している国の例を以下に示す。

脚注[編集]

  1. ^ 水文気象学 (9976513) 概要”. letus.ed.tus.ac.jp. 2020年10月18日閲覧。
  2. ^ 水文気象学/Hydro-Meteorology - 鈴木善晴
  3. ^ 逆問題としての水文気象学:河川流量観測を使って天気予報の精度を改善する - 澤田洋平、仲江川敏之(気象研究所)、三好建正(理化学研究所)
  4. ^ 山本荘毅 (1964年2月). “陸水学の体系について”. 水利科学 (農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター) 35: P136-142. ISSN 00394858. https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2030845509.pdf. 
  5. ^ Peck, Eugene L. (1978). “Hydrometeorology”. Bulletin of the American Meteorological Society 59 (5): 609–612. Bibcode1978BAMS...59..609P. doi:10.1175/1520-0477-59.5.609. 
  6. ^ Sene, Kevin (2015). Hydrometeorology: Forecasting and Applications. Springer International Publishing Switzerland. pp. 1. ISBN 978-3-319-23546-2 
  7. ^ Hydro-meteorological hazards | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization”. www.unesco.org. 2020年10月18日閲覧。
  8. ^ Dale, Murray; Davies, Paul; Harrison, Tim (2012). “Review of recent advances in UK operational hydrometeorology”. Proceedings of the Institution of Civil Engineers : Water Management 165 (2): 55–64. doi:10.1680/wama.2012.165.2.55. 
  9. ^ a b c d e f g h Sene, Kevin (2015). Hydrometeorology: Forecasting and Applications. Springer International Publishing Switzerland. p. 1. ISBN 978-3-319-23546-2
  10. ^ Betts, Alan (2004). "Understanding Hydrometeorology Using Global Models". Bulletin of the American Meteorological Society. 85 (11): 1673–1688. Bibcode:2004BAMS...85.1673B. doi:10.1175/BAMS-85-11-1673.
  11. ^ Flood Forecasting Centre”. Ffc-environment-agency.metoffice.gov.uk (2011年9月22日). 2014年5月28日閲覧。
  12. ^ Information nationale”. Vigicrues. 2014年5月28日閲覧。
  13. ^ Hydro-Meteorology”. Imd.gov.in. 2014年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月28日閲覧。
  14. ^ Flood Forecasting Service”. Sepa.org.uk. 2014年5月28日閲覧。
  15. ^ Republic Hydrometeorological service of Serbia Kneza Višeslava 66 Beograd”. Hidmet.gov.rs (2014年5月18日). 2014年5月28日閲覧。
  16. ^ Centro Nacional de Monitoramento e Alertas de Desastres Naturais (Cemaden)”. labhidro-IGEO-UFRJ. 2017年6月29日閲覧。