水戸ステーション開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水戸ステーション開発株式会社
Mito Station Development Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
310-0015
茨城県水戸市宮町1-1-1
設立 1983年4月8日
法人番号 8050001002529
事業内容 店舗・事務所の運営及び管理
代表者 代表取締役社長 佐藤一弘
資本金 5億円
主要株主 株式会社アトレ 96.6%
    (JR東日本グループ)
水戸市 1.7%
水戸商工会議所 1.7%
外部リンク http://www.excel-mito.com/
テンプレートを表示

水戸ステーション開発株式会社(みとステーションかいはつ)とは、水戸駅いわき駅駅ビルを運営しており、東日本旅客鉄道(JR東日本)グループ、株式会社アトレ子会社(JR東日本連結子会社)である。

運営ビル[編集]

これら各施設における2016年度の売上高合計は、15,064百万円となっている[1]

水戸駅[編集]

エクセル(EXCEL)
「エクセル」(EXCEL)は、水戸駅北口にある駅ビル。店舗所在地および営業部は、本店所在地と同一。
エクセルみなみ
「エクセルみなみ」は、水戸駅南口にある駅ビル。

いわき駅[編集]

いわき駅ビル
「いわき駅ビル」は、いわき駅にある駅ビル。店舗所在地は、福島県いわき市平字田町1番地。2007年9月30日まで営業していた旧駅ビルの「ヤンヤン」に代えて、2009年6月19日に第1期開業した。土産店やコーヒーショップ等を中心に10店舗で構成。2010年春に、駅前再開発に合わせてグランドオープンした。

かつての運営ビル[編集]

土浦駅[編集]

土浦駅ビル「ウイング」(WING)
「ウイング」(WING)は、かつて常磐線の土浦駅にあった駅ビル。店舗所在地および営業部は、茨城県土浦市有明町1番30号。地上6階地下1階建て(6階はビル事務所)。JR東日本が施設を設置し、土浦ステーション開発株式会社(合併により2003年4月からは水戸ステーション開発株式会社)が運営していた。
1983年に開業し、開業後3度の改装を行っている。1990年3月には全館、1997年2月には地下階、2004年11月には地下から2階を、それぞれ改装している。2008年7月13日をもって閉業し、水戸ステーション開発株式会社による営業は終了。
同年9月より、1年間の改装工事を実施。改装に際しては、包括的業務提携先であるイオンモール株式会社とコンサルティング業務を委託している。2009年(平成21年)7月24日に、イオンモールが受託運営する「ペルチ土浦」(perch)として開業、2018年(平成30年)3月29日に「プレイアトレ土浦」に改称、部分開業[2]

沿革[編集]

  • 1983年 4月 - 水戸ステーション開発株式会社を設立。
  • 1985年3月24日 - 水戸駅ビル「エクセル」を開業。
  • 2003年 4月 - 土浦ステーション開発株式会社を吸収合併
  • 2008年7月13日 - 土浦駅ビル「ウイング」を閉業。
  • 2009年6月19日 - いわき駅ビルの「いわき駅ビル」開業。
  • 2015年4月1日 - JR東日本保有株式が同グループの株式会社アトレに移管され、同社子会社に異動、SC関連の資産を同社に譲渡し、SC事業については運営だけを行う企業となる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]